KITARO×デジタコイメージ画像


GFIT(国土交通省認定:自TD2-39)


サービスイメージ


KITAROサービスロゴ

株式会社アクシス(本社:東京都港区、代表取締役:小倉 博文)は、テレマティクスサービス「KITARO」のラインナップの一つとして、株式会社中日諏訪オプト電子製テレマティクス対応デジタコ「GFIT」と連携した「KITARO×デジタコ」の提供を10月9日に開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/167274/LL_img_167274_1.jpg
KITARO×デジタコイメージ画像


テレマティクスサービス「KITARO」は車両を使用して営業活動を行う様々な業種・業態の事業者に対し、OBD2端末を使ったリアルタイムの車両位置情報の把握や日報の自動作成が可能なクラウドサービスを展開してきました。このたび、デジタコで取得できるデータを「KITARO」で活用したいというユーザーからの強い要望に応えるべく、デジタコ「GFIT」(国土交通省認定:自TD2-39)と「KITARO」の機能連携を進め、10月9日に新たなサービスとして「KITARO×デジタコ」の提供を開始します。

「KITARO×デジタコ」では「GFIT」で記録される法定三要素(速度、時間、距離)データを、「KITARO」サービス上でリアルタイムに管理者が把握できるようになります。管理者は急発進や急ブレーキといった危険運転を検知し、データに基づいた安全運転指導、エコドライブ指導が行えます。また、先進的なクラウドサービスである「KITARO×デジタコ」では、記録されたデータを使った日報の自動作成が可能です。ドライバーは煩わしいSDカードでのデータ取り込みから解放され、書類作成業務の効率化に役立ちます。
「KITARO×デジタコ」は1台あたり初期費用(デジタコ本体価格)95,000円(税別)、月額費用2,800円(税別)、取付け工事費不要、保守込みで提供いたします。従来の同種サービスは高額な費用が導入の障害となっていたことから、本サービスは低価格でサービスを提供することで多くの事業者の交通安全・エコドライブへの取組みを支援し、国土交通省が推進するスマートタコグラフ構想が目指す事故防止の実現へ向けていきます。


■KITARO×デジタコ概要
WEBサイト: https://kitaro-sdp.com/digitacho.html
利用価格 : 初期費用95,000円(税別)、月額2,800円(税別)/台
取付け工事費無料、通信費不要
機能 : リアルタイム位置情報管理/走行履歴管理/
危険運転検知/日報自動作成 他
保守 : 機器故障時に最長2週間代替機を無償提供
※代替機を継続利用する場合は要購入(別途見積)


■会社概要
社名 :株式会社アクシス
本社 :〒105‐0003 東京都港区西新橋2-3-1 マークライト虎ノ門 8F
代表者 :代表取締役 小倉 博文
設立 :1991年6月12日
資本金等 :5,000万円
従業員数 :260名(2018年4月現在)

社名 :株式会社中日諏訪オプト電子 ファインフィットデザインカンパニー
本社 :〒457-0078 愛知県名古屋市南区塩屋町一丁目3番地4
TEL :(052)824-7377(代)
FAX :(052)824-0777
従業員数:42名(平成30年4月1日現在)
事業内容:情報通信機器の開発・販売


■サービスに関するお問合せ先
株式会社アクシス KITARO運営事務局
担当者 : 工藤、蛯原
お問合せ: https://kitaro-sdp.com/contact.html
TEL : 03-6205-8016
MAIL : kitaro-info@axis-net.co.jp

情報提供元:@Press
記事名:「テレマティクスサービス「KITARO」、デジタコ「GFIT」と連携した「KITARO×デジタコ」の提供を10月9日に開始