みかわぷりん

安永元年(1772年)創業、現存する日本最古の「本みりん」専業メーカーの九重味淋株式会社(代表取締役:石川 総彦、所在地:愛知県碧南市、以下 九重味淋)が運営するカフェレストラン「K庵」にて、同店が店を構える愛知県・三河地方発祥の三河みりんを使った「みかわぷりん」を販売いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/165853/LL_img_165853_1.jpg
みかわぷりん


■ご当地プリンブームに、新たな刺客登場!愛知県三河の本みりんを使った「みかわぷりん~煮きりみりんシロップ添え~」を販売開始

ご当地の素材を使ったプリンが全国的にブームになる中、愛知県三河地方の特産品「本みりん」を使った「みかわぷりん~煮きりみりんシロップ添え~」を、江戸時代より続くみりんメーカー「九重味淋」が運営するカフェレストラン「K庵」で販売開始されました。「みかわぷりん」の特徴は、カラメルソースの代わりに、本みりんを煮切って作る「煮切りみりん」をシロップとしてかけてお召し上がる点です。「煮切りみりん」とは、みりんを沸騰させてアルコール分を飛ばしたものです。
元々みりんは、原料となるもち米、米麹、焼酎をじっくりと糖化熟成させることで、米麹が持つ酵素がもち米のデンプンやたんぱく質を分解し、お米の自然な甘さが引き出されているので、煮切ることでまるでお米のシロップのような用途として使うことができるのです。
昔なつかしい、少しかための舌触りのプリンに、煮切りみりんシロップをかけることで、まろやかな深みのある甘みが広がります。長年みりんメーカーとして培ってきた伝統の技術とみりんを使いこなすプロの料理人の知識と経験をもとに考案された、このプリンは他社にはないご当地スイーツです。


■概要
名称 :みかわぷりん~煮きりみりんシロップ添え~
価格 :400円(税別)
販売場所:カフェレストラン「K庵」


■今後の展開
九重味淋が運営するカフェレストラン「K庵」では、みりんの可能性を限りなく表現する料理をコンセプトに、本みりんと碧南市をはじめとした愛知県産の農産物を積極的に使った、和食・イタリアン・スイーツをご提供しております。今後も、みりんの特性を活かした、スイーツやカフェメニューを提供し、日ごろはみりんに馴染みが薄い若年層に向けて、みりんの魅力を伝えていきたいと計画しています。


■「九重味淋株式会社」について
1772年に創業し現在、創業240年を超える。現存する日本最古の「本みりん」専業メーカー。愛知県碧南市は三河みりんの発祥の地とされ、九重味淋の大蔵は国の登録有形文化財とされております。代表商品の本みりん「九重櫻」は、大正から昭和にかけての全国酒類品評会で名誉賞を獲得。3度名誉賞を受賞し、最高の「名誉大賞」に輝きました。これを受賞したのは九重櫻だけ。唯一という価値ある名誉大賞です。


■企業概要
法人名 : 九重味淋株式会社
所在地 : 愛知県碧南市浜寺町2丁目11番地
代表者 : 代表取締役 石川 総彦
設立 : 1772年
資本金 : 7,200万円
事業内容: 本みりん等の酒類の製造販売 食品等の製造販売
店舗 : 九重味淋株式会社(愛知県碧南市浜寺町2丁目11番地)
URL : http://www.kokonoe.co.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「愛知県三河のみりんメーカー直営のカフェで本みりんを使った「みかわぷりん」を販売開始