『JUNO-DS76』 


『JUNO-DS76』 


狭い練習スタジオに持ち込んで演奏することも可能


9つの楽器カテゴリーから音色を選択するだけの簡単操作

ローランド株式会社は、「簡単、軽い、音がイイ」をコンセプトにした初心者にやさしい軽量シンセサイザー「JUNOシリーズ」の最新モデルとして、簡単操作、軽量設計、高品位な音はそのままに、ライブ演奏で使いやすい76鍵の『JUNO-DS76』を、2018年9月15日(土)に発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/165647/LL_img_165647_1.jpg
『JUNO-DS76』

ローランドの「JUNOシリーズ」は、初心者の方でも簡単に演奏できるシンセサイザーとして好評をいただいており、現在、軽量コンパクト設計の61鍵モデルと、本格的なピアノ・タッチを実現する88鍵のモデルをラインアップしています。日本では特に、女性でも簡単に持ち運ぶことができる61鍵の「JUNO-DS61」が、軽音楽部でバンド演奏を楽しむ学生を中心に人気です。このたび、その「JUNOシリーズ」に76鍵モデル『JUNO-DS76』が登場しました。「61鍵ではピアノ音色重視のロックやジャズを演奏する際、鍵盤数が足りない」「88鍵モデルは重くて持ち運びにくい」と感じていた方におすすめのモデルです。

『JUNO-DS76』は、76鍵ながら6.9kgの軽量設計なので※、自宅から練習スタジオ、ライブ会場と機材を頻繁に持ち運ぶ際、大変便利です。61鍵モデルに比べ広い鍵域なので、ピアノのフレーズを余裕で演奏できるほか、右手でオルガンやシンセサイザー音色、左手でベース音色など、鍵盤を分割して複数の音色を使った厚みのある演奏も可能。幅広いジャンルの曲を表現でき、レパートリーが広がります。また、『JUNO-DS76』では、より奥行のあるシンセ鍵盤を採用しているため、弾き心地も向上しています。内蔵音色は、プロ・クオリティのサウンドが1,200音色以上。さらに、ローランドの音色ライブラリ・サイトよりバンドで演奏する曲に最適な音色を無償でダウンロードして追加することも可能。
自分の欲しい音色をすぐ手に入れて演奏できます。
※76鍵のシンセサイザーで世界最軽量。2018年9月13日現在、当社調べ


●こんな方にオススメ
・これからバンドでキーボード演奏を始める方、幅広いジャンルをキーボードで演奏する方
・自宅から、練習場所やライブ会場など、さまざまな場所に持ち込んで演奏するキーボーディスト

●ここがポイント
・簡単操作、軽量設計、プロ・クオリティの音で定番の「JUNOシリーズ」の新モデル。ライブ演奏に最適な76鍵のシンセサイザー

品名/品番 :シンセサイザー 『JUNO-DS76』
価格 :オープン価格
発売日 :2018年9月15日(土)
初年度販売台数(国内/海外計):4,000台


■自宅練習、リハーサルスタジオ、ステージや路上ライブなど、さまざまな場面で手軽に使える
6.9kgと軽量コンパクト設計ながらプロ・クオリティの機能を搭載する『JUNO-DS76』は、電車での移動、狭いステージやスタジオなどのセッティングも簡単です。また、電池駆動ができるので電源を気にすることなく、路上ライブなどあらゆる場面での使用が可能です。
※充電式ニッケル水素電池(単3形)8本で、約5時間の連続使用が可能。マンガン乾電池、アルカリは使用できません。

狭い練習スタジオに持ち込んで演奏することも可能
https://www.atpress.ne.jp/releases/165647/img_165647_3.jpg


■プロ・クオリティの音色を選ぶだけの簡単操作
『JUNO-DS76』は、プロ・クオリティの高品質な音源を内蔵しており、お好みのサウンドをボタン一つで呼び出すことができます。キーボード奏者が頻繁に使うアコースティック・ピアノ、エレクトリック・ピアノ、オルガン、シンセサイザー音色は、バリエーションも充実。ピアノ、オルガン、シンセなど9つの楽器カテゴリーの中から音色を選択するだけの操作で、すぐに演奏いただけます。
また、2つの音色を重ねる「デュアル」や、鍵域を分け複数の音色を演奏する「スプリット」は、専用ボタンを用意。重ねた2つの音色の音量バランスや、マイク・ボリュームなどをコントロールできるスライダーなどの操作子も備えており、簡単に調整できます。

9つの楽器カテゴリーから音色を選択するだけの簡単操作
https://www.atpress.ne.jp/releases/165647/img_165647_4.jpg


■音色を無料で追加できる拡張性
『JUNO-DS76』は、ローランドの追加音色ライブラリ・サイト「Axial」に公開されている「EXPシリーズ」の中から1タイトルをダウンロードして読み込むことができ、音色を自由に拡張することができます。「EXPシリーズ」には、アコースティック・ピアノ、エレクトリック・ピアノといったキーボード音色はもちろん、ダンス・ミュージックやオーケストレーションの再現など幅広い音色と音楽ジャンルをカバーすることができます。

無料の音色ライブラリ・サイト「Axial」で気に入った音色を追加
https://www.atpress.ne.jp/releases/165647/img_165647_5.jpg


■バンドメンバーが揃わなくても、演奏可能。ライブ演奏を充実させる機能も搭載
『JUNO-DS76』は、さまざまなリズム・パターンが内蔵されており、8つのフレーズ・パッドを使用して演奏することができるので、ドラマー不在時でも練習やライブ演奏が可能です。また、USBメモリーに保存したMP3/WAVのオーディオ・データを本体のパッドに割り当てておけば、バッキング・トラックと合わせて演奏することができるのでソロ演奏や自宅での個人練習にも役立ちます。
『JUNO-DS76』には、8トラックのパターン・シーケンサーを搭載。気軽に楽曲のアイデアをスケッチしたり、ライブ演奏に活用することができます。
さらに、弾き語りに便利なマイク・インプットも搭載。リバーブ、オートピッチ、ボコーダーなどの高品位なボーカル・エフェクト機能も搭載しているので、本格的な弾き語りで活躍します。

リズム・パターンやオーディオ・データを再生できる8つのフレーズ・パッド
https://www.atpress.ne.jp/releases/165647/img_165647_6.jpg


■楽曲制作など、演奏以外にもバンド練習をサポート
『JUNO-DS76』には、マイク・インプットに加えUSBオーディオ・インターフェイス機能も搭載されているので、PCと接続すればボーカル・トラックも含めた楽曲制作ができます。バンド練習に便利なマイナス・ワン・トラックを作ったり、曲データをバンドメンバーとシェアするなど用途がさらに広がります。


■製品写真
『JUNO-DS76』
https://www.atpress.ne.jp/releases/165647/img_165647_1.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/165647/img_165647_2.jpg

『VE-500』
●外形寸法:1,231(幅)×311(奥行)×102(高さ)cm
●質量 :6.9kg(ACアダプターを除く)


※製品画像は、ニュースリリース・ページ https://www.roland.com/jp/news/0806/ よりダウンロードいただけます。
※製品の詳細につきましては、ローランド・ホームページにてご確認ください。
『JUNO-DS76』 : https://www.roland.com/jp/products/juno-ds/juno-ds76/
「JUNOシリーズ」: https://www.roland.com/jp/products/juno-ds/
※文中記載の会社名および製品名などは、各社の登録商標または商標です。
※このニュースリリースに掲載されている製品情報や発売日などは、発表日現在の情報です。
発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。


■製品に関するお客様のお問い合わせ先
ローランド株式会社
お客様相談センター:050-3101-2555

情報提供元:@Press
記事名:「バンド生活が楽しくなる軽量シンセサイザーにライブ演奏に最適な76鍵モデル登場