白檀香木


白檀香木 イメージ 


白檀香木 真空パック入り

株式会社 梅栄堂(本社:大阪府堺市堺区、代表取締役社長:中田 信浩)は、ビームス ジャパンのロゴマーク入り白檀香木をセレクトショップ ビームスのビームス ジャパン(東京都新宿区)、BEAMS公式オンラインショップ、ZOZOTOWNで9月中旬以降順次発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/165263/LL_img_165263_1.jpg
白檀香木

梅栄堂 ホームページ: http://www.baieido.co.jp/


【開発の背景】
従来より梅栄堂の高級品のお香、線香の香料として配合されている最高級インド産白檀を香木そのままの形で普段の生活のシーンに活かしてもらい、香木の香りに親しんでもらいたいという考えから今回の企画が生まれました。
香木にロゴマークを入れた商品は梅栄堂では初めての試みで、業界でも珍しい企画です。
デスクや化粧室などでカゴに盛って芳香剤として使うだけでなく、削ったり穴を開けたりしてオブジェやアクセサリーとしてカスタマイズするなど自分好みで楽しむこともできます。

白檀の香りと言っても消費者によっては化学的な香料の白檀の香りを「白檀」と思い込んでいるケースもあるようで、本物の天然白檀の香りに触れてもらい本物の香りを知ってもらうきっかけにしてもらえたらと思い今回の商品発売に至りました。


【白檀とは】
白檀は睡眠の質を高めてくれる香りとして有名で、鎮静作用があることからリラックスして心落ち着ける香りとして古くから愛用されています。
白檀とはインド主産のビャクダン科の常緑喬木。なかでもインド南西海岸に近いマイソール地方は白檀地帯といわれ最も有名で、良質高価な白檀を産出しています。白檀樹の心材は香料に、材は仏像などの彫刻材に古くから重用されてきました。その香りは「清く強いが発散し易く、焚けば他の香の匂いに優越する」と古い文献にあります。
古くより「幸せの木」として人々を魅了し続けています。
世界の各産地の白檀の中でもインド産白檀は近年ヨーロッパの有名ブランドの化粧品や石鹸にも使われるほどインド産白檀の香りは人気で、世界的に需要が増えていることから年々市場価格が上昇しています。


【商品概要】
商品名 : 白檀香木
容量 : 30~40g(1~2本) 真空パック入り
希望小売価格: 8,000円(税別)
販売先 : ビームス ジャパン、
BEAMS公式オンラインショップ
http://www.beams.co.jp/
ZOZOTOWN
http://zozo.jp/


【梅栄堂について】
梅栄堂は香木輸入の中心地 大阪・堺において室町時代、大和屋覚右衛門を始祖に、薬種問屋を営んだのが始まりです。明暦3年(1657年)には沈香屋作兵衛と称し、線香・香類を専ら商ってきました。「沈香屋」とは堺独特の呼び名で、薬種問屋の中でも香を専門に扱うところだけ、特別に許されたものでした。沈香屋作兵衛は明治時代に中田梅栄堂と改め、現在の梅栄堂と至ります。
360周年を経た現在も真の香りを現代にお伝えしたく、精進に努めております。

商号 : 株式会社 梅栄堂
代表者 : 代表取締役社長 中田 信浩
所在地 : 〒590-0943 大阪府堺市堺区車之町東1丁1番4号
創業 : 1657年(明暦3年)
事業内容: お香、薫物線香製造卸
資本金 : 1,000万円
URL : http://www.baieido.co.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「ビームス ジャパンのロゴマーク入り白檀香木が登場! ~香木そのままの形でオブジェやアクセサリーにも~