スピードと確実性が求められる受注センターに必要な機能を月額6,400円(税抜)から実現


「isana」ロゴ

FAXソリューションサービスを展開する、株式会社エディックワークス(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:栗田 浩樹)は、受注センターのためのクラウドFAX「isana(イサナ)」について、自動化・管理機能をはじめ画面インターフェイスなどの大幅なバージョンアップを2018年5月16日(水)に実施しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/156399/LL_img_156399_1.jpg
スピードと確実性が求められる受注センターに必要な機能を月額6,400円(税抜)から実現

■自動化機能の強化や画面インターフェイスの改善により、業務にかかる時間を大幅に短縮
受信したFAXを相手先会社や担当者、対応拠点に応じて自動でフォルダへ分類することで、FAX受信後の業務をスムーズに進めることができる自動振り分け機能。これまで実現が難しかった複数条件を設定した場合にも自動振り分けを適用して操作工数が削減できるように振り分け条件やフォルダの設定方法の柔軟性を高めました。

また、一緒に実行する場面が多い複数の操作をまとめて完了できるボタンを新たに追加したり、検索項目や加筆編集項目の種類を充実させたりと、既存バージョンでもご好評をいただいている画面インターフェイスをさらに強化。直感的な使いやすさを目指して、受注処理時の検索・加筆編集・返信などの手順を改善して業務時間を短縮すると共に、より収益につながる業務に時間を割り当てることが可能になりました。


■複数人による操作ミスを防止し管理する機能を強化して、顧客満足度が向上
ユーザーの習熟度や所属部署の業務範囲にあわせて、送信権限の有無や閲覧専用ユーザーの設定が可能。操作権限を設定することで意図しないミスを防ぎ、より安全で確実な受注体制の構築が可能となりました。また複数ユーザーによる重複処理を防ぐための機能も強化。ユーザーごとの操作履歴をCSVで確認できるようになるなど、複数ユーザーで受注業務を進める上で欠かせない管理機能をさらに強化し、ユーザー単位での対応品質向上と顧客満足度の向上を図ることができるようになりました。


■受注センターのためのクラウドFAX「isana(イサナ)」について
受信したFAXを自動でペーパーレス化しデータ形式のまま加筆返信することで、複数人による注文対応や情報共有・管理を簡単操作で実現するクラウドFAXです。FAXの自動振り分けや自動返信機能を標準搭載し、お使いのパソコンとインターネット環境があれば、全ての機能を月額6,400円(税抜)からご利用いただくことが可能。FAX受注業務の効率化はもちろん、対応漏れ対策、拠点間業務の集約や最適化、BCP対策のソリューションとして、業界をリードする企業をはじめ様々なお客様にご導入いただいております。

初めて使う人やパソコンに詳しくない人でも簡単に画面を操作ができると好評な「isana」の画面は「isana」ウェブサイト( http://i-sana.com/ )から見ることができます。


■株式会社エディックワークス ~クラウドFAXに特化したソリューションサービスを展開~
商取引プロセスを改善し、低価格で誰でも簡単に使えるサービスの提供を目指しています。

代表者 : 代表取締役社長 栗田 浩樹
設立 : 2006年10月10日
所在地 : 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2丁目4-5 杉商ビル6階
資本金 : 6,000万円
展開サービス: メールでFAXするサービス『faximo』、
FAX送信のシステム連携なら『faximoSilver』
事業内容 : WEBサービス開発・提供、業務改革コンサルティング 他
URL : http://www.edicworks.com/

情報提供元:@Press
記事名:「受注センター向けクラウドFAX「isana」がバージョンアップ 自動化・管理機能を強化し、より正確で効率的な業務が可能に