オーガニック認証自社農園で栽培した植物を使用
ジュリーク・ジャパン株式会社が手がけるオーガニックスキンケアブランド「ジュリーク」が、2020年2月25日にジェイアール京都伊勢丹店をリニューアルオープン。2020年2月26日には伊勢丹立川店でカウンセリングショップを新規オープンしました。

1997年に日本で1号店をオープンした「ジュリーク」は、ひたむきに自然と向き合うオーガニックコスメのパイオニア。

究極のオーガニック農法と呼ばれている「バイオダイナミック無農薬有機農法」で化粧品の原料となる植物を栽培。植物のもつポテンシャルを最大限に引き出す「バイオイントリンジック製法」で製品を製造しています。

上質感のある店内でブランドの世界観を表現
カウンセリングショップの店内は、素材感のある古材を使用。自然と調和したライフスタイルをイメージできる雰囲気を演出し、来店者が「ジュリーク」の世界観を体感できるようになっています。

テーブルでは商品ラインナップを一同に見渡せ、商品を試すことが可能。相談しやすいカウンセリングスペースではビューティーカウンセラーが来店者1人1人の肌質や悩みに対応します。

ジェイアール京都伊勢丹店では、リニューアルオープン記念として「ジュリークローズ バランシングミストキット EV」「ジュリークローズ スペシャルキット EV」を発売。また限定トリートメントメニューの提供も行われます(2020年3月31まで)。

伊勢丹立川店では、オープンを記念してメイク落とし、洗顔料、化粧水、美容液、クリームがセットになった「ジュリーク スターターキット」を発売。また8800円以上のショッピングで「ローズ ハンドクリーム」がプレゼントされます。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※ジュリーク・ジャパン株式会社のプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

※ジュリーク・ジャパン株式会社
https://jurlique-japan.com

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「「ジュリーク」が2店舗を新たにオープン