自己ベストが狙える大会
静岡県(島田市)は、大井川の河川敷「リバティ」を使用してのハーフマラソンを2020年10月31日(土)開催します。ハーフマラソンのみの大会ですが、前半と後半の2部に分かれており、レベルに応じたエントリーが可能です。コースは、平坦な河川敷の往復なので好記録が期待できます。

起伏のないランニングコース
大会コースは、大井川の河川敷「リバティ」と呼ばれる全国発の河川敷マラソンコース内で行います。リバティは、市民の健康づくりの場として整備されており、コース内には、ステーション(トイレ・四阿・水飲み場・ベンチ)が配置してあり、一部、ウレタン舗装の区間もあります。

大会では、島田市陸上競技場前をスタート・フィニッシュ会場とした大井川河川敷(周回5kmコース)を走ります。

夏の練習の成果を試す大会
ハーフ種目は、カテゴリーA(制限時間:1時間45分)とカテゴリーB(制限時間:2時間30分)に分かれています。参加費は7,500円、各定員は500名となります。人数制限のため、ウェーブスタートを採用されており、記録はネットタイム(スタートラインから計測を実施)となります。

今年の夏の走り込みの成果を実践で試してみてはいかがでしょうか。

(画像は公式サイトより)


【参考】
※大会公式サイト
https://trial-marathon-series.com/oigawa1031/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「「静岡・大井川 Trial Marathon Half」エントリー受付中