デジタルネイティブ世代から支持
9月2日、現役大学生が代表を務める手作りコスメワークショップ「Shiina Cosmetics Workshop」が「Happy・Ethical・Vegan」をコンセプトにリブランドし、自宅で口紅を手作りできるキットをバージョンアップしてローンチしました。

代表の露木志奈氏は、高校3年間を「世界一エコな学校」と言われるインドネシアの「Green School Bali」で過ごし、2019年6月に卒業、2019年9月、慶應義塾大学環境情報学部に入学した現役大学生です。

自身の取り組みを精力的にSNSで発信し、10代~30代を中心としたデジタルネイティブ世代から幅広く支持を得ています。

「買う」から「つくる」へ
同ワークショップでは「消費者の選択が地球を変える」と考え、近年支持の上昇するエシカルコスメ業界で従来「買う」ものだった化粧品を「つくる」ものへと変えるきっかけを提供しています。

化粧品業界におけるエシカル活動として、店頭に並ぶ商品の裏側にあるストーリーが注目されてきました。

見えない生産過程における具体的な問題は、プラスチックのリサイクル、パーム油(ヤシ油)の生産環境、雲母(マイカ)採取場での児童労働、乳がんの危険性を高める鉛の使用、動物実験などです。

自分の健康から、地球の健康へ
オンラインワークショップで使用する材料は、全て自然由来のものを使用し、原産国を明記、口紅容器・器具にもプラスチックを極力使用せず衛生面+安全性+透明性を大切にしています。

これまでオフラインで行われてきたワークショップですが、新型コロナウイルスの影響により2020年3月からオンラインで全てが完結するようにコスメキットを参加者のご自宅へ送付する形をとっています。

キットだけでなく「環境とコスメのつながり」についての動画、初めての方にもわかりやすい「How-To」・「道具の洗い方」の動画なども同封し、このキットをつくり終えた後にも、自分で口紅をつくり続けられるよう、レシピや材料購入場所も紹介されています。


【参考】
※Shiina 公式サイト
https://www.shiina.co/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「美は地球と共に、エシカルコスメのワークショップ「Shiinaコスメ」