医療やフードなどの改善により、平均寿命が延びたペットたち。長く一緒にいられるのは喜ばしいことですが、高齢となったペットの介護についても年々注目度が高まっているようです。
そこで、空間除菌脱臭機「ジアイーノ」を販売するパナソニック株式会社は、年々注目度の増している「ペット介護」にフォーカスをあて、老犬の介護経験者500名に対し調査を行いました。

ペット介護で苦労したことは?
「介護の中で苦労した点」について尋ねると、1位は約8割が回答した「トイレの処理」(77%)でした。
おむつを取り替えたり、汚れた体を拭いてあげたり、床を掃除したりと、工程が多いことや、ニオイ対策が必要だったことなどが理由と考えられます。以降、2位に「食事の介助」(62%)、3位「歩行の補助」(59%)と続きました。

飼い主が愛犬のニオイで体調不良になることも
苦労したこと1位の「トイレの処理」と切っても切れない関係にある「ニオイ」。介護経験者たちに「介護中は健康な時よりもニオイが気になりますか」と聞いてみたところ、7割以上が「そう思う」(72%)と回答しました。
さらに、「飼い犬のニオイが部屋についた」と感じたことのある人が半数以上(54%)、中には「飼い犬のニオイで体調が悪くなった」と感じる人も4人に1人程度(24%)いるなど、愛するペットといえど、ニオイ問題は深刻なようです。
ニオイ対策として行っていたものを聞いてみると、1位は「消臭スプレー」(72%)、2位は「置き型の消臭剤」(56%)という結果に。
このうち、「効果」に満足していた人が最も多かったのは「シャンプーをこまめにするなど、飼い犬自身を清潔に保つこと」(82%)でした。しかし「手軽さ」の点では最下位(48%)となっており、効果が高い一方で飼い主への負担が大きく、実践へのハードルになっていることがうかがえます。

ジアイーノで気になるニオイもばっちりケア
ジアイーノは、次亜塩素酸で空気を洗う空間除菌脱臭機。水道水と塩を電気分解することで、脱臭だけでなくさまざまな分野の菌・ウイルス対策に活躍する除菌成分「次亜塩素酸」を生成。次亜塩素酸を含浸した除菌フィルターを通過したキレイな空気を空間に放出します。

生成する次亜塩素酸は、パナソニック独自の技術により、高い除菌・脱臭効果を発揮しつつ、安全性にも配慮した濃度としています。
ペットのニオイが気になる方、これまでの空気清浄機の消臭力に満足できなかった方には特におすすめ。とくに介護中のペットのニオイにお悩みの方、ぜひ検討してみてくださいね。

【参考】
※ジアイーノ
http://panasonic.jp/ziaino/index.html

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「老犬介護の悩み1位は「トイレの処理」半数以上が「部屋にニオイがついた」と回答