明けましておめでとうございます。

 

年末はクリスマスでバタバタとしているドイツ、そしてみんなクリスマス休暇に入り世の中の流れがゆっくりになるドイ
ツ。不便なことも多いですが、あぁ、年の瀬だなぁと感じます。

 

クリスマスで実家に帰ったり、家族とのんびりするのは終わり、大みそかはどんちゃん騒ぎ。普段は禁止されている花火も年末だけ特別に販売されます。今年の大みそか、どうする?どのパーティー行く?誰と過ごす?なんて会話が飛び交い、年明けは二日酔いなんてあるある。


そうそう、不思議な習慣もあります。
ベルリーナーというドーナッツがあるのですが、大晦日にそれを食べるんです。
普段より種類多めで嬉しい。カーニバルの時にも登場します。普段はない、変わり種の方が好きだったり。

 

 

我が家もいろんな種類を購入して、がぶり。
シャンパンをゴクリ。


そうこうしているうちにカウントダウンが始まり
2019!Frohes neues Jahr!


日本とは8時間遅れでドイツも新年を迎えました。
そこからはもう大花火大会。(みんな我慢できずもっと前からやってますが。笑)

 

 

9月に引っ越した今の家は大通り沿いで、トラムも車も通るので近くではそこまで花火上がらないかなと思っていたら大間違い!真下から目の前でドカンドカン。窓を開けていたら中に花火が入ってきそうなスリル、もくもくと上がる煙そして爆音。普段できない花火ができるとあってここぞとばかりに次から次へと 点火していきもう大爆発です。


私は数分だけ楽しみ、あとはもううるさいので窓を閉めてしまいました(笑)
あとはゆったり映画を観ながら余韻にひたりつつしっとりと。

 


次の日は前日の騒ぎからは一変、静かで、ドイツらしいグレーな空で新年の幕開け。
薄暗くていまいち外に出る気にはなれませんでしたが近所の公園までお散歩することに。

 

道中道端には至る所に花火のゴミ・大晦日の残骸だらけ。
あらあらと思いますが、これら、年末のゴミ専用のお掃除スタッフが年始に配備され、いつの間に綺麗になっているん
です。このシステム、良いんだか悪いんだか。


公園では、おそらくやっと静けさが戻りほっとしたであろう鳥さんたちがお出迎えしてくれました。

 

 

お散歩の後は出来ればそのあとカフェ・・といきたいところでしたが、残念ながらどこも閉店。お家でのんびりカフェタイムとしました。

 

 

 

今年も皆様にとって実りある年になりますように!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

Mari Kusakari

◇Website◇ http://mari-kusakari.com/
◇Instagram◇ https://www.instagram.com/mari.kusakari.foto/

 

 

The post ドイツでの年越しは、お祭り騒ぎと静寂のミックス。【不思議の国のドイツ vol.21】 appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「ドイツでの年越しは、お祭り騒ぎと静寂のミックス。【不思議の国のドイツ vol.21】