2017年にDysonからドライヤーが発売された時、そのお値段に驚きました。しかし、ヘアサロンでスタイリストさんがそのドライヤーを使って、仕上げてくれた時、風量の強さに驚き、風の強さで髪を乾かすということを実感し、ほしい物リストに入れたままにしていたら、新しいヘアスタイリングツール「エアラップ」が登場しました。

 

エアラップの特徴

Dysonでは、空気力学などに応用されていて、高速・高圧の気流が、物体の側面に沿って流れるという現象、「コアンダ効果」に注目し、これをヘアスタイリングツールに使うことで、過度の熱による髪のダメージを抑えて、風を使うことで、カール、ブロー、ドライの全てを美しく、簡単に仕上げることのできるヘアスタイリングツールです。

 

 

 

ドライヤーの問題点を解決

ダイソンのエンジニアたちの研究により、髪質の問題点から、スタイリングの2つの重要なニーズを特定。

1 ボリューム、コシのある髪を求め、細くて弱い髪を避けたいと思う人々

2 髪に滑らかさを求め、強いコシや癖のある髪のせいでスタイリングが難しいと思う 人々

 

この問題点を解決するために、カーラーやブラシの組み合わせを研究し、エアラップの特徴である「コアンダ効果」をスタイリングブラシにも利用するように設計し、髪を滑らかに整え、輝きを与えることができるようになりました。ブラシを滑らせる方向に沿って、気流が流れるため、気流のコントロールができて、スタイリストによるスタイリングのようなブローが実現します。そして、去年発売されたドライヤーですでに実証済みのデジタルモーターのパワーを活用し、熱によるダメージを極力排除することに成功したのです。

 

 

これまで、ヘアスタイリングは、まず、ヘアドライをすることが常識で、そこから、更に、スタイリングをしていました。しかし、「エアラップ」は、乾かしながらスタイリングするツールなので、アタッチメントを選ぶことで、髪のクセがリセットされている濡れている状態から、一気に乾かす&スタイリングを実現します。つまり、時間短縮も可能になります。朝シャンプーをする人にとっては、とても嬉しいことですね。

 

 

 

 

アタッチメントは、3種類(スムージングブラシ(ハード) ラウンドボリュームブラシなし)と5種類の2つのセットタイプがあります。もちろん、今やドライヤーには必需品のマイナスイオン機能付きなので、これから気になる髪の静電気を抑えて、ツヤを与えてくれます。

(画像左より)
プレスタイリング ドライヤー:スタイリング前に髪を適した温度で乾かします
30mm Airwrap™カーラー:小さめのカールをつくります
40mm Airwrap™カーラー:大きめのカールをつくります
スムージングブラシ(ソフト):やさしくブローし、髪をなめらかに整えます
スムージングブラシ(ハード):クセを伸ばして、髪をなめらかに整えます
ラウンドボリュームブラシ:根元を立ち上げ、ボリュームのあるスタイルをつくります

 

アタッチメントは、ワンタッチで装着できて、触れても熱くないクールタッチティップです。スムージングブラシは、ブラッシングの向きに合わせて、風向を自動的に調整してくれます。

 

 

クリスマスプレゼントに、ボーナスで自分へのご褒美に、とても欲しくなる逸品ですね。

 

 

 

 

 

Dyson Airwrap

https://www.dyson.co.jp/haircare/airwrap-styler/overview.aspx

 

 

 

 

The post 風の力で健康な髪をプロ仕上げのようなスタイリングを可能にするDyson Airwrapスタイラー(ダイソンエアラップスタイラー) appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「風の力で健康な髪をプロ仕上げのようなスタイリングを可能にするDyson Airwrapスタイラー(ダイソンエアラップスタイラー)