基本的に彼から自立している



彼から追いかけてきてもらうために、彼に対して尽くす人がいます。

でもこれって“彼のために”というより、自分自身を納得させるために一方的に行動しているだけかも。


彼がどうしてほしいのか本音を聞かないまま尽くしていても、おそらくほとんど効果は期待できないでしょう。


きっと自立していたほうが彼も安心するし、「今は何しているんだろう?」と気にしてもらえるはずなんです。

完全に自立する必要はなく、ときどきは甘えてもいいんです。


ただ尽くしすぎても、それは自己満足で終わってしまいますから「距離感」をいつも意識しましょう♡


いつもより元気がないときは素直に彼に甘えられる



恋がはじまっても、いつも短命で終わる友人がいました。

彼女は今、ようやく結婚を前提に同棲の準備をはじめていますが「今までの恋と、今回の恋の何が違ったの?」と尋ねると、「今回からは素直に甘えるように意識してみた」と話していました。


彼から追いかけてきてもらうために自立するのは大事ですが、まったく甘えないというのも、彼は困ってしまいます。

バリバリ働いていたり、アクティブに過ごしていたり……。


自分が、「彼氏として、側にいる意味はあるのかな。」と感じてしまうでしょう。

彼の方が自立していても、本当に弱ってしまったときは、思いきり甘えることも大切なんです!


お互いに一人の時間を大切にできる



大人になればなるほど、“一人の時間”が大切になってきます。

仕事について考えたり、将来について想像を膨らませたり……。


自分と向き合う時間があるからこそ、仕事もプライベートも全力で楽しめます。


彼のタイプにもよりますが、おそらく一人の時間がないと息が詰まってしまうと感じる男性も多いはずです。

彼から追いかけてきてほしいなら、距離感を調整することも大事になってきます。


デートの頻度が増えているなら、「今週は、お互いに一人で過ごそう」と調整してみる。

彼が忙しそうなら、「今週末は無理しないで、一人でゆっくり過ごしたら?」と、お互いに一人の時間を大切にするだけで二人の絆は深まります♡


趣味が多く、話していて楽しい



異性に限らず、同性であっても「この人とはずっと仲良くしたい」と思う相手は人生経験が豊富だったり、勉強家だったりしませんか?

自分の知らない世界をたくさん見ている人の話は、どれだけ聞いていても面白いですよね。


それはカップルの間でも同じであって、趣味が多ければ多いほど、彼からしてみると知性が溢れている女性に見えます。

無理やり趣味を増やす必要はありませんが、興味のあることに対して積極的に行動し、自分の世界を広げるだけで、彼との関係性も良い方向へと変わるでしょう。



大好きな彼から好かれたいなら、尽くしすぎず適度な距離感を保つことが大切です。

しっかりするときと、甘えるときの「メリハリ」も重要ですね。

彼が自然と追いかけたくなる魅力的な彼女を目指して、仕事や自分磨きを頑張ってみてください♡

情報提供元:myreco
記事名:「大好きな彼に好かれたい♡彼から追いかけてもらえる女性の特徴