体重を落とすために、どのような努力をされていますか? 食事や運動をするのがダイエットの基本です。しかし、ダイエットを成功させるためには、「脳」が重要な役割を果たしています。 そう!食事制限や運動、エクササイズだけがダイエットではないのです!! なかなか痩せられない、継続できない、痩せても元に戻ってしまったなど、これらは脳も影響しています。 逆に言えば、脳をコントロールすることでダイエット成功に近づくことが可能ですし、体内の働きを変化させることもできます。 特別なことをしなくても、いつもの生活のまま痩せられるんです! そこで今回は、そんな「脳を騙すダイエット」方法をチェックしましょう。

脳を騙すダイエット方法  糖分を少し摂取して、満足感を与える

 

 

食事する30分前にチョコレートをひとかけ食べたり、ホットミルクを飲むようにしてみましょう。

すると食事をスタートする前に血糖値が上がり、脳に「満腹である」という指令を送ってくれ、食べ過ぎる可能性が低くなります。

 

決してたくさんではなく、少しだけ…がポイントですよ。

そしてこれは間食ではなく、「食事前」というスタンスで食べてください。

 

ついついどか食いしちゃう、という方には絶対試していただきたい方法です。

 

脳を騙すダイエット方法  「わたしは食べても太らない!」とポジティブな言葉を口にだしてみる

 

 

脳を騙すダイエット方法で有効的なのが、脳を言葉1つでイメージや思考に向かってだますこと!

 

「わたしは食べても太らないから大丈夫♪」

「食べても消化するのが早いから太らない!」

「おなかいっぱいで満足!」

と口に出して言ってみることです。

 

えっ、これだけ!?と思うかもしれませんが、十分に効果あり!

何度も繰り返し口にすることで、脳は騙され「そういう状態なんだ」と信じ込んじゃいます。

 

脳は次第にその状態へ向かうようになるのでわたしたちの行動にも影響します。 そうすると自然と食べ過ぎを抑制してくれたり、痩せやすい行動へと導いてくれるんです♪

 

NGワードは、「お腹すいた」が口癖になっていませんか?ついつい言ってしまうこの言葉。

余分に食べたくなる原因になってるかもしれませんよ。

 

お家で10回、”痩せるセリフ”を繰り返してみましょう。

脳が騙されて、痩せやすい行動を自然と取れるようになれますよ!

 

脳を騙すダイエット方法  「痩せた体型の自分」を妄想するだけ♪

 

 

美味しいものを食べると、脳は幸せになります。

私たちは、おいしいものを食べると「幸せ~♡」となりますよね。 その幸福を知っているから、「美味しいものをたくさん食べること=幸せ」となり、つい無意識のうちにわたしたちは食べ過ぎてしまうのです。

 

ストレスが溜まっている時に、食べ過ぎてしまうのもそのせいです!

 

ですが、美味しいものを食べて得られる幸せよりも、「痩せている自分=幸せ」と脳に錯覚させればいいのです。そのためには、痩せている自分がどう幸せになれるか具体的にイメージしてみましょう。

 

例えば、

「痩せて美人になれば素敵な彼氏ができる」

「着たかった服が、どれでも着こなせる」

「みんなが集まってくる」

といった感じです。

 

目標をもって、イメージを具体化することで効果がさらに倍増されます。

口に出したり、紙に書き出したり、具体的にイメージできればできるほど効果アリ◎

 

イメージ力=実現に近づく と思って試してください。

憧れのモデルさんを待ち受けにして、手帳に切り抜きを挟んで、空いた時間になるべく見るようにするとモチベーションアップにもつながりますよ。

 

 

いかがでしたか?せっかく痩せてもリバウンドしてしまう、無理なダイエットでお肌がボロボロになる、 そんなダイエットは嫌ですよね。 脳をだますことで、自然とダイエットが成功でき、理想の体型をキープし続けることが可能となります。 リバウンドはなくなる! そんな理想の自分になるため、脳をだますための思い込み、具体的な目標を持ち、よりイメージを明確にしてみましょう。 



関連記事

・もうリバウンドはしない!脳をだまして痩せをキープするダイエット方法って…?

・もうリバウンドはしない!脳をだまして痩せをキープするダイエット方法って…?

・もうリバウンドはしない!脳をだまして痩せをキープするダイエット方法って…?

情報提供元:myreco
記事名:「もうリバウンドはしない!脳をだまして痩せをキープするダイエット方法って…?