2019年のローンチで大きな話題となった老舗シューズメーカーであるMOONSTAR(ムーンスター)の新ライン「810s(エイトテンス)」。

多種多様な分野で活躍するプロユース仕様のシューズを、デイリーに使用できるカジュアルモデルへとモディファイしているわけだが、21SSより待望の第2段がスタート。

オルパ ¥5500(3月下旬発売)

長時間の立ち仕事でも疲れにくい構造の介護用シューズをルーツとした、ユニバーサルデザインの考え方を落とし込んだサンダルタイプがラインナップ。フィット性も高く、履く人の位置でベルトを固定できるシンプルなタイプだ。

カフ ¥4950(2月下旬発売)

厨房や食品工場で使われるキッチンシューズをサンダルに落とし込んだカフにはダークブラウンとオフホワイトの2色が追加。手入れが楽なサボタイプは、日常の様々なシーンで活躍してくれそう。

ホスプベント ¥6050(3月下旬発売)

ナースシューズをアレンジした前作のホスプをアップデート。荒目のメッシュアッッパーとパンチングインソールで、夏場でも通気性が良くドライで快適に◎

創業145年の歴史を持つ日本の古参ブランドが長年培ってきたプロユースのノウハウを、日常生活に”ちょうどいい”ものとして落とし込んだ新しいライフスタイルライン。今作も僕らの生活に寄り添ってくれそうなアイテムばかりだ。


(問)ムーンスター カスタマーセンター tel:0800-800-1792 https://www.bymoonstar.jp/810s/

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「ムーンスター話題の新ラインに、リラクシングな春夏シューズがラインナップ!