反り腰でおこる腰痛は、椎間関節に痛みの原因があります。椎間関節は脊椎を構成する椎骨の後ろ側にあるため、反り腰で脊椎のカーブが深くなると圧迫されることに…。このため腰痛が発生するのです。そんな反り腰でおこる腰痛には大腰筋ストレッチが効果的です。

反り腰でおこる腰痛は大腰筋ストレッチが効果的

反り腰で椎間関節が圧迫される

この椎間関節にジワジワと負荷をかけるのが反り腰です。脊椎は自然なS字カーブを描いていて、腰椎部分は横から見ると前に反った状態。反り腰で骨盤が前傾すると、このカーブがさらに前に反ってしまいます。

すると、椎骨の後ろ側にある椎間関節はカーブの内側にあたるために圧迫された状態。椎間関節の神経が反応して、痛みの信号を出すというわけです。

反り腰になるもっとも大きな原因は、体の前側の筋肉が弱っていることにあります。大腰筋が衰えたり、腹横筋が弱くなったり、大腿四頭筋が硬くなったりすることが発端で骨盤が前傾気味になるのです。

大腰筋トレーニングの基本

反り腰を治す大腰筋ストレッチ

この反り腰に慣れると、体の前側の筋肉はさらに弱まります。それと同時に、椎間関節と脊柱起立筋の負担は増えるばかりです。結果として、これが腰痛を引き起こしています。

反り腰を治すには、骨盤を後傾させるために体の前側の筋肉をエクササイズするのがおすすめ。まずはもっとも手軽な大腰筋のストレッチから始めるとよいでしょう。

反り腰を治す大腰筋ストレッチは、両足を前後に大きく開いて後ろのひざを床につき、背筋を伸ばしたら準備完了。そのまま前のひざを曲げていって、後ろ足の付け根を伸ばすようにします。反対側も同様に行ってください。

■「腰痛」おすすめ記事
腹横筋をドローインで鍛えると腰痛予防になる
腸腰筋ストレッチで腰痛を改善する方法
梨状筋ストレッチでお尻のコリをとって腰痛解消

■「大腰筋ストレッチ」おすすめ記事
大腰筋ストレッチをオフィスの椅子でやる方法
大腰筋ストレッチでインナーマッスルを活性化

■「大腰筋」おすすめ記事
大腰筋トレーニングは階段1つ飛ばしが効果的
大腰筋と骨盤底筋を同時に鍛えるトレーニング
腸腰筋ストレッチでぽっこりお腹を即効解消!
相撲のシコ踏みは腸腰筋の鍛え方に最適だった
四股ダイエットは腸腰筋をトレーニングする

【関連リンク】
その気になればすぐ!?内臓脂肪レベルの落とし方
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
皮下脂肪を落とすだけで腹筋を割る方法とは?
体脂肪率の理想は腹筋が割れる「10%以下」
ぽっこりお腹を引き締めるインナーマッスル腹筋

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「反り腰でおこる腰痛は大腰筋ストレッチが効果的