健康を意識した冷凍食品シリーズ
三菱食品は9月28日、糖質量を抑えた冷凍食品の新商品として「今川焼あずき」を新発売する。

健康ブランド「食べるをかえるからだシフト」冷凍食品の“糖質コントロール”シリーズの新商品となる。

糖質オフだけじゃない!食物繊維も豊富
「今川焼あずき」の1個当たりに含まれる糖質量は、16.7グラム。一般的な今川焼に比べて、約40%糖質オフを実現した。

糖質量を抑えつつ、今川焼では新しい“もちもち食感”の生地に、風味豊かなつぶあんを包み込んだ。優しい甘さで飽きることなく食べられるスイーツに仕上がっている。

また糖質オフだけでなく、腸内環境改善や美容、ダイエットなどで注目されている食物繊維も、1個当たり10.2グラム含まれている。

年々共働き世帯や単身世帯が増えており、簡単に手早くおいしく作れる冷凍食品は人気だが、近年は健康面やダイエットなど、プラスアルファの機能へのニーズも高まりつつある。

“糖質コントロール”シリーズでは、今回新発売される「今川焼あずき」のほか、「肉焼売」や「えびグラタン」など、全43品がラインナップされている。簡単に糖質オフが実現する“糖質コントロール”シリーズを、食卓に加えてみてはいかがだろか。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※三菱食品株式会社のプレスリリース
https://www.mitsubishi-shokuhin.com/200831ReleaseHPt.pdf

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「糖質40%オフの今川焼“糖質コントロール”シリーズから登場