RMKから2種類のフェイスマスクが新登場
2021年2月5日(金)、RMKから、『RMK ファーストセンス フェイスマスク』2種が発売される。いずれも、「セイヨウナシ果汁発酵エキス」「セージ葉エキス」「ビタミンC 誘導体」を配合。肌のゆらぎを集中的にケアし、うるおいで満ちた透明感のある肌に整える。

すぐれたストレッチ性を誇るマスクシートは、顔のでこぼこにしっかりフィット。鼻の下の点線に沿ってマスクを切り離し、内側に引っ張ることで、小鼻やほうれい線にも密着させることができる。

心地よい香りで、心と肌を満たす
『RMK ファーストセンス フェイスマスク CI』は、「アクアグルコシド」「オランダガラシエキス」などの美容成分を含有。肌なじみのよいローション美容液が角質層にまで浸透し、みずみずしく、透明感のあるツヤ肌に整える。22mL×1枚入×5包の販売価格は3,850円(税込み)。シトラス&ガルバナムグリーン&カシスの香りが、明るく前向きな気持ちをサポートする。

Wローズ&ラベンダー&ベルガモットの香りの『RMK ファーストセンス フェイスマスク R』は、28mL×1枚入×5包を4,400円(税込み)で販売。濃密な美容液が肌をうるおいで満たし、ふっくらとしたハリのある素肌へと導く。時間をかけて丁寧にケアをしたいときや、就寝前の使用がオススメだ。

(画像はRMK公式サイトより)


【参考】
※RMK公式サイト
https://www.rmkrmk.com/products/2021_facemask/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「心地よい香りに癒やされる。RMKの新しいフェイスマスクで新しい自分へ