カウンセリングブランドとしての存在感を高める「ALBLANC(アルブラン)」
花王株式会社は、カウンセリングブランド「ALBLANC(アルブラン)」をリステージし、「アルブラン 薬用ファーストエッセンス」(医薬部外品)を2020年5月16日に新たに発売する。

アルブランは、ソフィーナカウンターにてスキンケア方法や商品を提案してきた、2004年誕生のカウンセリングブランドである。

今回は、カウンセリングブランドとしてブランドの立ち位置を明確にするためのリステージであり、それに伴い炭酸泡の美容液『アルブラン 薬用ファーストエッセンス』を発売する。

併せて、GMS(生活圏内の総合スーパー)のカウンターにおいては、従来の「SOFINA」から「ALBLANC」へとロゴを順次変更。アルブランならではのパーソナルな深いカウンセリングを提供していく。

美白成分が配合されたマイクロ炭酸泡の美容液
アルブラン 薬用ファーストエッセンスは、お手入れのファーストステップとして使用。肌に触れた瞬間とろけるようになじみ、濃密でなめらかなマイクロ炭酸泡の美容液が肌を潤していく。

植物由来の美白有効成分カモミラETが、肌の奥深くまで入り込み、メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防いでくれる。

また、厳選したブランケア成分配合により、角層深く潤うことで明るさを際立たせ、人が見て気づく美しさへと導いていく。

販売名は、「アルブラン 美白ベースケアM」。販売価格は、本体90g入りで11000円(税込)。レフィル90g入りで10450円(税込)。主な取扱店は、総合スーパー(GMS)やドラッグストアである。

(画像は花王株式会社のニュースリリースより)


【参考】
※花王株式会社のニュースリリース
https://www.kao.com/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「花王のカウンセリングブランド「ALBLANC」がリステージ!