肌へのやさしさとクレンジング力を両方叶える
2020年4月3日(金)、化粧品ブランド『RMK』は2種の「クレンジングバーム」と「Wクレンジングジェル」を発売する。

同ブランドは、「COLOR CLOSET」をコンセプトに、素肌というキャンパスの上で自由に彩り、個性を輝かせることのできるメイクアイテムを提案している。

この度発売するクレンジング製品は、メイクをすっきりオフにしつつ、メイクが輝く透明感あふれる素肌に導くアイテムだ。

美容オイルと美容成分が肌に透明感とつやを与える
「クレンジングバーム」には、シアバターのほかに、スイートアーモンドオイルとマカダミアナッツオイルなど美容オイルが配合されていて、まろやかな質感が特徴。肌の潤いを保ちながらしっかりと汚れを落としてくれるアイテムだ。

清涼成分であるメントールを配合したブルーレモンと、ローズ&ジンジャーの2種類の香りがラインナップ。

「Wクレンジングジェル」は、クレンジングと洗顔の2WAYタイプ。同製品にも美容オイルが配合されている。また、保湿成分や保湿効果のあるアクアジェルを配合しているため、肌に優しくなじみ、古い角質やざらつきまできれいに除去してくれる。

(画像はRMKの公式サイトより)


【参考】
※RMKの公式サイト
https://www.rmkrmk.com/products/2020_cleansing/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「彩り豊かなメイクが映える素肌へ導くクレンジング