7d5d00237f608f37

暑い日が続きますね。こうも暑いと冷たくてあっさりしたものばかり食べてしまいがち。しかし、たまには鍋料理はいかがですか。夏ならではの食材や味付けの「夏鍋」。汗をかきつつハフハフいただくもよし、クーラーのきいた部屋で味わうのもよし。鍋の利点は、パパッと簡単に作れてしまう点にもあります。忙しい人こそ、野菜や肉たっぷりで栄養がしっかりと摂れる鍋はぴったり。ここでは「夏鍋」2レシピをご提案します。

すっぱ辛い「豚トマ サンラータン鍋」

69e88b832ebcf642

サンラータンとは四川料理の一つ。酸味と辛味が特徴のスープです。今回はそのサンラータンを鍋にアレンジ。お好みでパクチーをのせたり、スライスしたライムや粉チーズをトッピングしたりしてもGOOD! 辛さと酸味はお好みで調整して下さいね。レシピ考案は人気レシピブロガーのゆきりちさんです。締めは細めの中華麺がおすすめとのことです!

材料(2〜3人分)

豚バラ肉(薄切り) 200g / トマト 小3個(大であれば2個) / ニラ 1束 / えのき茸 1パック / 木綿豆腐 1/2丁

サラダ油 大さじ1 / しょうが 1かけ / 水 1000㎖ / 鶏がらスープの素 小さじ2

酢 大さじ2 / しょうゆ 大さじ1 / 豆板醤 小さじ1 / 砂糖 小さじ1 / ヨーグルト 大さじ5

パクチー 適宜 / ライム(スライス) 適宜 / 粉チーズ 適宜

※豆板醤とヨーグルトはお好みの量に調整ください

作り方

1. 豚バラ肉、トマト、ニラ、えのき、木綿豆腐をそれぞれ食べやすい大きさに切る。

70812c102693d82e

2. 鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、すりおろしたしょうがを入れて香りが立ったら、豚バラ肉を炒め、色が変わったら、えのきとニラを入れサッと炒める。

9ac7f6dd29921805

3. 水、鶏がらスープの素を入れ、煮立ったらトマトと木綿豆腐を入れる。

4. 再度煮立ったら、酢、しょうゆ、豆板醤、砂糖を入れて調味する。最後にヨーグルトを入れて混ぜたら完成。

F4bc1c4b9bff6799

薬味であっさり「ささみと薬味の鶏ガラスープ夏鍋」

A630129712658112

続いてご紹介するのは鶏がらスープベースの鍋。みょうがと大葉のさわやかな香りが広がり、暑い夏でもさっぱりと食べられます。みょうが、大葉などの薬味は食べる直前にたっぷりのせて召し上がれ。お好みでごま油やラー油、すりごまをかけても良いですよ。締めにおすすめのアイテムはうどん。レシピ考案はフードコーディネーターのsuzu.さんです。

材料(2人分)

鶏ささ身 3本 / 木綿豆腐 1/2丁(150g) / みょうが 3個 / 大葉 8枚 / しょうが 1/2かけ / 長ネギ 1/2本 / ミニトマト 6個

鶏がらスープの素 大さじ1 / 酒 大さじ1 / 塩 小さじ1弱 / 水 600ml

ラー油 適宜 / すりごま 適宜

作り方

1. 鶏ささ身は筋を取り除き、薄くそぎ切りにする。木綿豆腐は食べやすい大きさに切る。みょうが、大葉、しょうがはせん切りにする。長ネギは斜め薄切りにする。ミニトマトはへたを取る。

E62e0a4e7e4a9ec6

2. 鍋に鶏がらスープの素、酒、塩、水、しょうがを入れて火にかける。煮立ったら鶏ささ身、木綿豆腐、長ネギ、ミニトマトを加える。火が通ったらみょうが、大葉をのせていただく。

58597e8935cd84e1

鍋に酸味を加えたり、薬味をプラスすることでさっぱりと食べやすい夏鍋になりますよ。家族で夏も鍋レシピを楽しみませんか。

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「夏こそ鍋! 野菜モリモリさっぱり「夏鍋」レシピ