1afae859702fe4a7

結婚式など行事の際に気にする方の多い「六曜」。6つ全ての意味や、カレンダーでの並び方がどう決まるのかはご存知でしょうか。この記事ではそんな六曜について解説します。

六曜とは?

「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6つを「六曜」と呼び、現代の日本では、日にちの吉凶を占う指標として利用されています。六曜はもともと中国で「時間」を区切る際に使われていた考え方で、日本に伝承された当初も時間の吉凶を占う指標として用いられていました。

時間を占うものとして使用されていた時代は、太陽が昇ってから落ちるまでと夜が始まってから終わるまでをそれぞれ3つ、計6つの時間帯に分け、それぞれに六曜があてはめられていたといいます。六曜の「曜」とは星を表した漢字で、星は金(きん=お金)をイメージさせることから、六曜は賭け事のタイミングを決める際によく利用されていました。その後、明治時代の暦改正により、現代のような「日」の吉凶を占う指標として利用されるようになります。

六曜はその日に「やってはいけないこと」を考えるための指標です。意識する場合は、それぞれの日のNG事項を特におさえておきましょう。

六曜には「日」と「時間」の考え方が

それぞれの六曜には、「日」としての吉凶に加え、一日の時間帯の中での吉凶も存在します。「日」としては吉なものの、一日の「時間」では凶の時間帯が存在することもあるので、両者の考え方を知っておくと良いでしょう。

カレンダーではどう決まる?

六曜が書かれたカレンダーを見ると、1日~末日までどの日にもいずれかの六曜が該当しているのが確認できます。基本的に「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の順番でカレンダーに並びますが、時々「大安」の次にまた「大安」が来るなど、不規則的な順序になっていることがあります。この理由は、旧暦の1日にあてはまる六曜が決まっているため。旧暦1月1日と7月1日は「先勝」、2月1日と8月1日は「友引」という風に、前日にどんな六曜が来ていても、旧暦1日になると強制的にリセットされるような仕組みになっています。そしてまた、旧暦1日から決まった順序で六曜が並んでいくというわけです。

先勝

D70ad371f8134791

読み方…せんしょう・さきかち・せんかち

先勝は「なるべく先まわりして行動する」と良い日とされており、午前中が吉、午後は凶の時間帯となります。

もっと読みたい方はこちら→「先勝は午前が吉、では先負は…? 六曜の意味とカレンダーの決まり」

友引

91e43729635465f3

読み方…ともびき・ゆういん

「友引」は「友人を引き込む」とされている日なので、結婚式の日としては良く、葬式をするのは特にNGとされています。朝は吉・昼は凶・夕方は吉です。

もっと読みたい方はこちら→「友引、葬式NGで結婚式OKの理由--六曜の意味とカレンダーの決まり」

先負

0bc0081a641e8558

読み方…せんぷ・せんふ・せんまけ・さきまけ

「先負」は午前中が凶で午後が小吉。先勝は午前中が吉と言われているので先負は午後が吉だと思われがちですが、先負の午後は小吉程度で特に良い時間というわけではありません。この日は「平常を装って吉」とされており、何事も起こらないよう無難に過ごすことがおすすめの日です。

もっと読みたい方はこちら→「先勝は午前が吉、では先負は…? 六曜の意味とカレンダーの決まり」

仏滅

8be4131ef8d503f7

読み方…ぶつめつ

仏滅とは「物が終わる(滅する)日」です。悪い日だと思われがちですが、この日は仏事や別れたい人との別れには良い日と言われています。例えば悪縁を切り、改めて人生をスタートしたいときなどには適しています。お祝い事などはこの日を避けた方が良いでしょう。

もっと読みたい方はこちら→仏滅、良し悪しは大安とほぼ同じ?--六曜の意味とカレンダーの決まり

大安

29643281b4acf343

読み方…たいあん

大安は「やってはいけないことが何もない日」のこと。この日は大吉だと思われがちですが、「大いに安し」という意味をそのままとると「特に害のない日」となり、実は「小吉」のような日です。ただし、やってはいけないことや凶の時間帯がない分、結婚式などの長い時間帯で執り行われる行事はこの日にすると良いと考えられています。

もっと読みたい方はこちら→「『大安』は大吉ではなく小吉!?--六曜の意味とカレンダーの決まりごと」

赤口

91f48a4f955506a2

読み方…しゃっこう・じゃっこう・しゃっく・じゃっく・せきぐち

赤口は、古来より魔物がいると考えられてきた「丑寅の刻(=午前2時~4時)」の時間帯の六曜で、日を占うものとなった今も不吉な日とされています。仏滅が「物が滅する日」であるのに対し、「赤口」は全てが消滅する日と言われており、この日もとても怖い日です。「大凶」とも言える日ですが、正午だけは吉となります。

もっと読みたい方はこちら→「赤口は仏滅より不吉、その理由は?--六曜の意味とカレンダーの決まり」

六曜の信ぴょう性は薄い?

このように紹介してきた六曜ですが、実はその信ぴょう性は薄いと考えられています。なぜなら今の六曜は、いろいろな歴史を経て今の時代の”仕様”になったものだからです。ですが、「信じる」ことで意識や行動が変わる人が多くいることも事実。大きな行事などの日は六曜を取り入れることで、より行事が楽しめることもあるでしょう。上手に付き合いながら六曜を意識していくと良いですね。

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「大安、仏滅、赤口…六曜全ての意味と由来、その信ぴょう性を解説