ミツカングループは、京都市と連携した食品ロス削減に資する取組みの第1弾として、おいしく食品ロスを減らせる鍋メニュー「もったい鍋」=写真=12種類をこのほど共同開発した。今回開発したメニューのテーマは「野菜丸ごと使い切り鍋」「余った野菜の使い切り鍋」「余ったご飯や麺を有効活用」。

全文を読む