「40年間にわたって地元で愛され続けている“町中華”のチャーハン」と聞くと、昭和テイストのあのおなじみの風貌が目に浮かぶだろう。しかし、東京・錦糸町「菜来軒」の「五目炒飯」は、昭和の風情を漂わせながらも革新的だ。具材を刻んでご飯と炒める従来のチャーハンとは一線を画し、メインの具材を刻まず、そのまま盛り付ける。小さな店ながらもこの五目炒飯目当てに行列ができる、評判の人気メニューである。

全文を読む