日本酒大好き、タケです!

本日は地酒堪能シリーズ第二弾とうことで、長野県のお酒「鼎(かなえ)」を頂いちゃいました!

酒屋さんのお話によると、あの有名な十四代を超えるために開発された日本酒らしい!

この先販売し続けられるかわからないくらい、このお酒を卸してもらうには
厳しい審査的なことがあるんだって。

限定品って書いてあるし(なにが限定品なのかは聞き忘れた)絶対にフルーティで飲みやすいはず!ってことで即購入。

早速本日の晩酌にということで、ウマズラハギとサザエのお刺身、壺焼きを肴に乾杯。

ウマズラハギの濃厚な肝が大好きで、肝醤油にしていただくお刺身は最高です!

サザエは一個はお刺身にして、一個は壺焼きに。サザエの蓋を取るのに格闘すること15分…
一つはハンマーでカチ割りました!笑

格闘することだけあって、最高の肴になりました。

鼎(かなえ)のレビューとしては、酒屋さんに伺った通り、りんごのような香りがして、とてもフルーティ、後味はすっきりした感じ!

これ、めちゃめちゃ美味しいです!

十四代と比べると認知・ブランド力が劣るため、価格が安く購入できます。
個人的には味は同等レベルだと思います!というよりも両方ともおいしいというのが正しいですかね。

ぜひ機会があればご賞味していただきたいおすすめの逸品です。

〈信州銘醸株式会社〉
http://www.shinmei-net.com/index.html

※HPで「鼎」がみつかりませんでした…

情報提供元:舌肥
記事名:「地酒堪能シリーズ2 〜鼎 槽口直汲み無濾過生原酒〜