ローソンで販売されている『パリとろブリュレ』をご存じでしょうか。

やらたとカラメル層が分厚いクレームブリュレです。層というかフタ。叩き割ってくれと言わんばかりの。ちょっと豪快な一面もありつつ、味わいは意識高めのビタースイート。ご褒美スイーツな味わいです。

ローソン|パリとろブリュレ|285円

ローソンのオリジナルスイーツ『パリとろブリュレ』は285円(税込)。1個のカロリーは248kcal(脂質 17.6g、炭水化物 19.7g)。製造者はコスモフーズです。

要はクレームブリュレです。ただ、そのブリュレ(焦がし)たるカラメル層ってクリーム表面の砂糖をバーナーで炙って形成するのが一般的なんだと思いますが、本品は「1枚ずつ丁寧に焼き上げ」ているそうで、後のせなのですよね? フタをするように大きな一枚のカラメルがのっているんです。叩き割りたい衝動が湧き上がる……。

というわけで、この板みたいなカラメル、存在感がすごい。やたらと厚みがあって、当然ながらクリームを押しつぶすようにバリッと割って食べるわけです。鏡割りか。食感は期待どおりの硬さとグニッとした粘り。クセになるやつ。香ばしくてちょいビター。(言ってしまえば)プリン部は濃密かつとろける食感で、バニラフレーバーと品良い甘み。まぁ、存分にビタースイートな出来です。なんだか意識が高いというか、ご褒美スイーツ系の味わいですね〜。

情報提供元:ミトク
記事名:「ローソンの『パリとろブリュレ』のカラメルは叩き割りたくなる厚さ