コストコで販売されている東遠『ラッポッキ』はご存知でしょうか。

韓国もち「トッポギ」とインスタントラーメンを一緒に煮込んだ屋台料理。辛旨テイストのジャンクフード感あふれる一品で、満腹感も十分に得られます。けっこう辛いので、苦手な方はご注意を。

東遠|ラッポッキ|1,580円

こちらがコストコのチルド食品コーナーで見かける東遠『ラッポッキ』(品番:10443)。1袋あたり3人前の材料(餅、乾麺、ソース、乾燥ねぎ)が3セット入っており(9人前)、合計の内容量は1,512gです。これでお値段は1,580円(税込)。1人前あたりは約176円という計算になります。

韓国の食品メーカー・東遠(ドンウォン)の商品を、東遠ジャパンが輸入したもの。本場の屋台の味をご家庭で再現できるわけですね。ちなみにコストコの売り場の試食では、行列ができるほど大人気でした。

ジャンクフード感を楽しめるお手軽料理

フライパンひとつあれば作れるお手軽料理。ソース、水、トッポギをフライパンで煮込んでから、インスタントラーメンと乾燥ねぎを加えてさらに煮込めばできあがり。今回は、パッケージ裏に記載されていたおすすめ食材(キャベツ、もやし)も加えました。仕上げにゆで卵をのせるとよい感じ。

ひとくちめは、意外に甘いという印象です。スープにはしっかりコクがあってうまみが深いですね。やがて辛みがやってきて、その後は口の中をジンジンと刺激し続けてきます。ただ、今回はキャベツやもやしを入れたおかげで、スープは薄まっており、多少食べやすくなっています。辛いのが苦手な人は、具材を増やすとよいでしょう。また、粉チーズをかけるとまろやかになって食べやすいですよ。

モチモチ食感のトッポギは、甘辛いスープによくあっています。いっぽう、インスタント麺はクタッとなっているわけですが、これをズルズルとすすり、口の中をいっぱいにするのが楽しい。適度にスープが絡んでいて、うまみで満たされる充実感があります。ジャンクフード感は拭えませんが、それゆえに、ときおり猛烈に食べたくなるやつですね。

*    *    *

『ラッポッキ』は、フライパンひとつで作れるお手軽料理。ボリュームがあるので、腹ペコさんを黙らせるのにうってつけですよ。

情報提供元:ミトク
記事名:「コストコの韓国屋台めし『ラッポッキ』はトッポギ&ラーメンの旨辛ジャンクフード