日中の慌ただしさを終わらせたら訪れる、自分だけの時間。ビール片手に1日をふりかえったり、ただただビールを味わうのは至福の時間です。

そんなくつろぎの時間にふさわしいサントリー株式会社のビール「TOKYO CRAFT(東京クラフト)」ブランドが味・パッケージ共にリニューアル!『TOKYO CRAFT(東京クラフト)〈ペールエール〉』は3月上旬製造分から順次全国で新発売。また、『TOKYO CRAFT(東京クラフト)〈I.P.A.〉』が2020年4月7日(火)から全国で季節限定新発売されます。

東京クラフトとは

半世紀に渡り、東京・武蔵野の地で伝統と革新をテーマにビールづくりに挑戦してきたサントリービールが、“東京”へ愛着と敬意を込めて創りあげたブランド。めまぐるしく変化する現代社会に生き、新しい道を切り開こうとする全ての人々の感性を刺激する都会的で洗練された味わいのビール。東京のビールブランドとしてのイメージ強化と、くつろぎ時間にふさわしいビールとしての品質感の向上を目的にこの春リニューアル。(公式HP

「夜」を思わせる配色にリニューアル


これまでのデザインを踏襲し描かれたパッケージは、「東京生まれ」の商品であることをさらに強調すべく、“TOKYO CRAFT”のロゴが白文字に。東京らしい街の景観やランドマークも際立っています。配色は、ビールを飲みながら街を眺めたときの夜景のようで、くつろぎ時間のお共にしたいビールです。洗練されたデザインと視認性の高いロゴでより目にとまりやすくなり、夜のくつろぎの時間が楽しみになりそうです。

より心地よい苦みが楽しめる「ペールエール」



アメリカンペールエールを参考にしてつくられた「東京クラフト ペールエール」。日本でも多くの人に親しまれているスタイルで、北米産のホップを使用した柑橘系の爽やかな香りが特長のエールビール(上面醗酵酵母で醸造したビール)です。

これまでにもリニューアルを繰り返し、試行錯誤されてきましたが、今回のリニューアルではカスケードホップによる爽やかな香りはそのままに、香味のバランスを調整ペールエールの特長である心地良い苦みがよりいっそう楽しめる味わいになりました。

【パッケージのビフォーアフター】
左右にスライドしてみてね。




飲みごたえ際立つ「I.P.A.」


IPA(アイピーエー)とは「インディア・ペールエール」の略で、かつて18世紀末にイギリスからインドへビールを輸出する際、大量のホップを使用して苦みを強くしたことが由来とされるビアスタイルです。東京クラフトシリーズのなかで最も人気の味わいです。

今回のリニューアルではシトラホップによる鮮烈な香りはそのままに、苦みの質・強さをより向上させることで、I.P.A.としての飲みごたえがいっそう際立つ仕上がりになりました。

【パッケージのビフォーアフター】
左右にスライドしてみてね。



めまぐるしい日々のなかで訪れる自分だけのくつろぎの時間。伝統を確信が融合する「TOKYO」で生きる人に寄り添ってくれる「東京クラフト」を片手に、より洗練された味わいをたのしんでみてください。

 『TOKYO CRAFT(東京クラフト)〈ペールエール〉』

  • 〇発売日:2020年3月上旬製造分から順次
  • 〇品目:ビール
    〇容量:350ml缶
  • 〇アルコール度数:5.0%
  • 〇発売地域:全国
  • 〇「TOKYO CRAFT(東京クラフト)」シリーズHP:http://suntory.jp/tokyocraft/

 『TOKYO CRAFT(東京クラフト)〈I.P.A.〉』

  • 〇発売日:2020年4月7日(火)
  • 〇品目:ビール
  • 〇容量:350ml缶
  • 〇アルコール度数:7.0%
  • 〇発売地域:全国


情報提供元:ビール女子
記事名:「【何が変わる?】夜のくつろぎ時間に。「東京クラフト」シリーズが味・パッケージともにリニューアル