新型コロナウイルスの影響で、クラフトブルワリーさん、インポーターさん、ビアパブなどの飲食店さんは大きな打撃を受けています。


この状況を乗り越えようと、造り手や飲食店さんが始めた動き、ビール業界を応援したいと始まった動き、医療従事者を応援しようと始まった動きなど、さまざまな形で応援プロジェクトが立ち上がっています。

今回は、ビール業界を支援するいくつかのプロジェクトをご紹介します!

【5月29日まで】石見麦酒のビールを飲んで応援


新型コロナ終息後に皆さんと乾杯!飲む応援者募集します!

このクラウドファンディングは、大型イベント用ビールの注文がすべてキャンセルになり、行き場を失った石見麦酒のビール(約3トン)を「飲んで応援」という形で支援を募れないかと企画されました。また、少しでも飲食店の売り上げをサポートしたいと、地域の飲食店が開発したローカルな食品もセットにして返礼品としています。
プロジェクトオーナーの石見麦酒は、地方で最も人口の少ない島根県江津市で生まれたブルワリー。既存のステンレスタンクを使った醸造法ではなく、ポリ袋と市販の冷凍庫を使用し、設備投資金額が通常の1/10程度のクラフトビール・果実酒の醸造法を日本で初めて開発・成功させたメーカーです。

◯申込期限:2020年5月29日(金)午後11:00まで

我々も、今年のイベントすべて中止となり、クラフトビールファンの皆様とお会いできない日々が続いております。
ピンチをチャンスに変え、早期に新工場を完成させることで、皆様と新しい工場で乾杯できたらと思っています。

石見麦酒 工場長 山口厳雄

詳細はこちらから

【5月30日まで】大森山王ビールを買って、見知らぬ誰かの誕生日をお祝い


外出自粛の中で誕生日に最高の乾杯を!大森山王ビールを買うと誰かに届くプロジェクト


このプロジェクトは、あなたが大森山王ビールを買うと、“誕生日を迎える誰か”にも大森山王ビールが届けられるというユニークな取り組みです。

コロナの影響で誕生日を大事な人と祝えない人が増える昨今。せめておうちで美味しいビールを片手に乾杯することで1人でも多くの人に幸せな誕生日を過ごしてほしい。そんな想いから、このプロジェクトは立ち上げられました。

購入するビールは自分用でも他人用でもどちらでもOK。購入費用の一部が大森山王ビール「誕生日乾杯ツアー」でお届けする「大森山王ビール(2本セット)」の費用に充てられます。

申込み期限:2020年5月30日(土)
ビール、そこには目に見えないたくさんの人や菌などの働きがあります。乾杯が直接できない今だからこそ、「乾杯」を通じて、目には見えないもの含めて色々なものに思いを馳せることができないかとこの企画をしました。

おそらく全国各地のビールに携わる方達がそれぞれ色々な思いで、ビールを届けようと尽力されています。そんな裏にある思い・ストーリーをつまみに、過去・未来、そして「今」に乾杯してくれたら何よりです。
大森山王ブルワリー 代表社員 町田佳路

詳細はこちらから

【5月31日まで】栃木・宇都宮の日本酒とビールのコラボセットを買って応援


寄付つき商品「宇都宮“黄ぶな”のお酒で医療支援セット」』


栃木県・宇都宮の酒造メーカー「宇都宮酒造」と「ろまんちっく村クラフトブルワリー」の”黃ぶな”のお酒セットが販売されます。”黄ぶな”とは、江戸時代から受け継がれている宇都宮市の郷土玩具のこと。悪病除け、無病息災のお守りとしても愛され続けていることから、「黄ぶな伝説」の“病除け”の力をかりて、黄ぶなのお酒で医療活動を応援します。

ろまんちっく村クラフトブルワリーは、46haという広大な面積を誇る滞在体験型ファームパーク「道の駅うつのみやろまんちっく村」の中にあるクラフトブルワリー。地元農林業の振興・地産地消を推進し、栃木県宇都宮産の大麦麦芽を使用したビール造りを行っています。

このプロジェクトでは、売上の一部が「新型コロナウイルス対策緊急支援」へ寄付されます。

◯販売期間:5月31日(日)

こんにちは。
栃木県宇都宮に伝わる厄除けの郷土玩具「黄ぶな」のお酒(ビール・清酒)セットです。おすすめはシャンパン酵母を使った「Brut Ale」。白ワインのようなフレーバー締まった味に仕上がっています。
普段の生活が出来ず厳しい日々が続きますが、みんなで愉快な乾杯ができる日まで協力して気を付けた日常を送りましょう。
YouTube「ろまんちっく村ブルワリー」では、ブルワリーや農園の様子を配信しております。ビールのおつまみに楽しんでください。
ろまんちっく村クラフトブルワリー 醸造長 山下創

詳細はこちらから

【5月31日まで】プレミアム付き飲食券を買って秋田市のお店を応援


『「秋田市の大好き♡な飲食店を応援しよう!!」プロジェクト~コロナに負けるな!!~』
秋田商工会議所HPより
秋田商工会議所が主催するクラウドファンディングを活用した、秋田市の飲食店への支援金を募るプロジェクトです。このプロジェクトでは、秋田市のお気に入りのお店を選択し5,000円(1口)で支援。申込み後に、2020年9月以降に使える5,500円分の飲食券が届きます。

参加店舗数は全部で178店あり、秋田あくらビール直営店「レストランプラッツ」と「ビアカフェあくら」、クラフトビール専門酒屋「BEER FLIGHT」が参加しています。

申込み期限:2020年5月31日(日)

秋田あくらビールは、日本酒酵母とビール酵母を掛け合わせたオリジナル酵母使用のふんわり吟醸香が感じられる「あきた吟醸ビール」、古代米の黒米を使用した赤褐色の「古代米アンバー」など秋田らしいビールを造っています。
2店ある直営店のうち1店は現在も休業中で大変厳しい状況ですが、早く収束して僕たちのビールを皆様へ届けられますように社員一同前向きに新しいことにチャレンジしています。早く皆様にお会いできますように!

秋田あくらビール 醸造長 長谷川信

詳細はこちらから

【6月10日まで】大阪のクラフトビール専門店「Ape Group Japan」を応援


コロナウィルスに負けたくない。売上9割減、社員とその家族を守りたい。


このプロジェクトは、大阪の北浜・本町界隈の地域に根ざしたクラフトビール専門店「Ape Group Japan(大阪府大阪市)」を応援するクラウドファンディングです。

対象店舗は、常時20種類の樽生クラフトビール専門店「Yellow Ape Craft」、ちょっと個性的。でも世界最先端で最高に美味しいクラフトビールがいつでも楽しめるビアバー「麦酒酒場 幸民」、NEW ENGLAND IPAを中心に常時10種類程のクラフトビールを取り揃える「THIRD PLACE」の3店舗。クラウドファンディングのリターンとして、飲食チケットグッズ付きチケット好きなビール開栓の権利などが設定されています。

申込み期限:2020年6月10日(水)
全店営業自粛をしておりましたが、先日から私一人でイエローエイプクラフトを開けております。様々な葛藤がある中でみんなの生活を守る為の決断でした。しかし私一人の営業では限界があり、みんなの給料や3店舗の家賃の支払いには遠く及びません。世界中が大変な状況の中...同じようにお困りの方々も多い中大変心苦しいお願いですが、どうか皆様のお力をお貸し頂ければと思います。

この事態が収束した時にはまた笑顔で皆様と乾杯したいと切に願っております。
何卒よろしくお願いいたします。

Ape Group Japan 代表 加藤大吉

詳細はこちらから

【6月30日まで】中止がないビアフェスにイラストで参加


イラスト乾杯フェス


イラスト乾杯フェスとは、「1枚の絵の中でみんな笑顔で乾杯しちゃおう!」という企画です。イラストレーターのイソガイ ヒトヒサさんが発起人となり、考えに賛同した架空の立ち飲み屋「TACHINOMI余市」との共同主催。売り上げ金の半額が、このプロジェクトに協力する飲食店に寄付されます。

チケット購入者は、イラスト乾杯フェスに”似顔絵”で参加することができます。完成したイラストは、奥多摩にあるビール醸造所「VERTERE」の協力の元、オリジナルラベルビールとして商品化し、協力店舗(小杉湯となりTWO FINGERS CRAFT BEERVERTEREWATERING HOLE)にて販売が予定されています。完成したイラストを大判出力したリアルイベントは”いつか”開催されます(イベントは状況をみて開催予定につき、詳細未定)。

◯受付期間及びURL
第一弾:5月1日(金)〜5月31日(日)http://ptix.at/ATKX1R
第二弾:6月1日(月)〜6月30日(火)
http://ptix.at/yBvy5d

皆様、ビールでの乾杯はお好きですか?
コロナの影響で、皆様が楽しみにしていたイベントも、ほとんどが中止になり、 大切な人たちとの飲み会も中止。 『美味しいビールで、思いっきり乾杯したい!』
そう思っている『カンパイ不足』のビール女子読者の皆様。イラストの中のスェス会場で乾杯しましょう!!
皆様一人一人の乾杯が、ビール業界の支援になります。ぜひ、楽しんでご参加していただけたらと思います!

架空の立ち飲み屋「TACHINOMI余市」

詳細はこちらから

クラフトビールを購入すること、飲むことが支援につながる


想いは一つ、願いは一つ、皆で一つ「ONE AND ONLY」キャンペーン

このプロジェクトは、クラフトビール醸造・販売を通じたチャリティキャンペーンです。

「ONE AND ONLY」キャンペーン用のビールレシピを、伊勢角屋麦酒、Y-MARKET BREWING、大山GMビール、富士桜高原麦酒の4社が考案。考案されたビールレシピをもとに、参加ブルワリーが醸造して販売します。もしくは、参加クラフトビール会社の通常商品にキャンペーンのロゴシールを貼り販売されます。利益の一部が任意の場所に寄付されます。支援金額は、ボトルビール、缶ビール1本あたり20円、樽生ビール1パイントあたり約20円です。

◯開催期間:2020年5月から1年間(予定)
クラフトビールを飲む事により様々な事がサポートされるよう僕は願っていますし、これを見ている皆さんも同じだと思います。
もしよろしければ、このキャンペーンにご賛同いただき、クラフトビールによって笑顔を増やしていければと考えております。 ぜひとも、皆様のご協力、ご賛同をどうぞよろしくお願い致します。
合同会社エイリアス代表/TRANSPORTER発行人 田嶋伸浩

詳細はこちらから

応援の気持ちを「ブルワリー指名」で伝える


『Overcome Project ~この困難を乗り切ろう~』


CRAFT BEER SERVER LAND 赤坂見附店(東京都港区)は、国産ブルワリーのクラフトビールのみを提供する専門店。「おなかいっぱに食べて欲しい」と、料理人であるオーナーご自慢のボリューム満点な料理が提供されます。

このプロジェクトでは、お店で使える「クラフトビールドリンクチケット(特典付き)」とオリジナルグッズが販売されます。一定金額以上の購入で、次につなぐブルワリーを決定できる「ブルワリー指名権」をゲット!指名者名はブルワリーさんに伝えられます(匿名希望も可)。

我々はアフターコロナを見据え、ブルワリー様と飲食店が一緒に生き残る為に、このProjectをスタートしました。内容は当店のドリンクチケット等をご購入頂きます。その特典としてお客様が応援したいブルワリーを指名し、当店でお繋ぎするものです。
この困難を乗り越えて、皆様と笑顔で乾杯出来る日を楽しみにしております。
CRAFT BEER SERVER LAND 赤坂見附店 店長 渡邊光太郎

詳細はこちらから

ビアバー紹介記事を購入して応援


ビアバー支援プロジェクト


このプロジェクトは、ビアバーを支援するためのプロジェクトです。

一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会(JBJA)代表・藤原ヒロユキさんや登録ビアジャーナリストによって書かれたお店の紹介記事がnoteに掲載。記事は購入しなくても、すべての文章を読むことができます。記事を購入するとその金額(決済手数料等を除く)が当該ビアバーへの支援となります。記事は随時追加中。お気に入りのお店や収束後に行ってみたいお店を支援することができます。

私は、ビアバー・ビアパブが好きです。このクライシスが終結したら、また足を運びたいと思っています。しかし、各方面から「これでは店が潰れてしまう」という声が聞こえてきます。このままでは「この騒動が終わったら飲みに行こう」では手遅れになるかもしれません。
あなたの支援で、あなたのお気に入りのあの店を救いましょう。 あの店でまた、美味しいビールを心地よく飲むために。 よろしくお願いします!!!乾杯!
一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会 代表 藤原ヒロユキ

詳細はこちらから

奈良のクラフトブルワリーのビールを買って応援


奈良クラフトビールマーケット』


奈良クラフトビールマーケット実行委員会が主催する、奈良のクラフトビールを自宅で楽しんでもらうための通販応援サイトです。

参加ブルワリーは、「奈良醸造」「ゴールデンラビットビール」「曽爾高原ビール」「なら麦酒ならまち醸造所」「奥大和ビール」「【準備中】BEER HOLIC BREWING」の6つ。また、ビデオ会議ツールを使用して、オンラインセミナーも開催されます。

「クラフトビールを飲んで応援!」
新型コロナフィルスの影響を大きく受けているクラフトビール生産者を応援しようと奈良クラフトビールマーケット実行員会が立ち上がりました。
少しでも多くの方に奈良のクラフトビールを楽しんで頂きたいという思いから、全ての醸造所を集めたポータルサイトを公開中。また同サイトではオンラインセミナーも企画しており、観て飲んで楽しめるサイトを目指しております。
奈良クラフトビール祭り実行委員会 実行委員長 粂宏明

詳細はこちらから

仮想タップルームに通って応援


オンラインタップルーム

このサービスは、新型コロナで苦境に陥ったビアバーを守るためのチャリティ企画です。

参加方法は3ステップ!
(1)行きたいお店を選び、オンラインタップルームチケットをPaypalで決済。
(2)オリジナルビールセットを選ぶ。
(3)代金引換でビールを受け取り、Web上にある各店専用タップルームに「入店」して乾杯!

仮想タップルームの魅力は、スタッフや仲間との時間を共有できること。いつものお店に家から通えるサービスです。タップルームに通えば通うほど、お店を守るための売上が確保できます。

全国のビアバーへ疑似来店できるプラットフォームが稼働開始!!
行ってみたかったあのお店へオンライン入店!

ビアバー・ブルワリー様をバックアップする形で、中長期的にオンライン飲みを活用できる空間が「オンラインタップルーム」です!afterコロナに向かったとしてもリモート飲みは加速します。それでも、実際に「オフライン」で飲む価値の向上へと繋がる取組です!

オンラインタップルーム 代表 伏見陽介

詳細はこちらから


今回ご紹介したプロジェクト以外にも、多くのプロジェクトが立ち上がり支援の輪が広がっています。

もちろん厳しい状況はビール業界だけではありません。ですが、ビールファンとして「ビールを楽しむ場所を失いたくない」という想いをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

一人ひとりの力は大きくないかもしれませんが、皆の応援の気持ちが積み重なれば大きな力になると思います。実際に乾杯できる日を楽しみにして、それぞれが無理のない範圍で支援の輪を支えられるといいですね。



情報提供元:ビール女子
記事名:「広がる支援の輪!みんなでビール業界を応援しませんか?