「クラフトビールは楽しいもの。難しい話はせんでいいけん、まずはココで1杯飲んでみらんね?」

そう話すのは、福岡の繁華街・天神で6坪の小さなビアパブを営む店主、小出さん。「BEERKICHI(ビアキチ)」という名のそのお店は、2019年5月のオープン以来、クラフトビールの魅力に取りつかれた店主がセレクトした“ぶっとんだラインナップ”で、訪れる人を魅了し続けています。

「ビアキチくん」が待つスタンディングのビアパブ


「BEERKICHI」へは、JR博多駅から行くなら西鉄バスか地下鉄が便利。バス停「天神南」から徒歩2分、市営地下鉄七隈線「天神南駅」から徒歩5分。壁に描かれた猫のキャラクター「ビアキチくん」と小さな出窓が目印です。

BEERKICHI ビアキチ
6坪とこぢんまりとした店内は、明るく清潔感があります。L字型のカウンターを囲む立飲みスタイル。平日は15時土日祝日は13時からオープンし、明るいうちから気軽にクラフトビールを楽しむことができます。地元の方だけでなく、遠方から来る方も多いとのこと。一人で来て1、2杯飲んで帰る方、お隣りさんとおしゃべりを楽しむ方、グループで来てそれぞれが気になるビールを飲む方々など、皆さん自由な感じで過ごしているそう。


店名「BEERKICHI」は「ビールのきちがい」が由来。クラフトビールの魅力に取りつかれた店主・小出さんが、お店を作る時にこの名前に決めたそう。お店に愛着を持ってもらえるようにと、かわいらしいキャラクター「ビアキチくん」が生まれました。


お店に行くともらえる「ビアキチくん」のステッカー。いろいろな絵柄があり、コレクションしたい!

世界で人気のあるクラフトビールを気軽に1杯から飲めるお店

BEERKICHI ビアキチ
提供するクラフトビールは樽替りで10種類。仕入れるビールは小出さんが選んでいます。選ぶビールの多くは、提供する日に大勢のお客さんが並ぶほど人気があるものや、新作のビール。その理由を尋ねると、「今やクラフトビールはファストファッションみたいに、より多様性が求められ、ビアスタイルも増え、どんどん新しいビールが造られています。せっかく飲むなら、新作、世界中で流行っているものや珍しいものを飲んでみたいと思いませんか?」と笑顔で答えてくれました。

10種類のラインナップの中でビアスタイルのバランスを取ることよりも、“新作をより早く提供すること”、“新鮮な状態で仕入れて、すぐに提供すること”など、その時にあるビールを“いい状態”で提供することが重要だと考えているそう。

BEERKICHI ビアキチ
「現地に行けば、ここで飲むより安く飲めるでしょうが、旅費もかかるし、何より海外に行くのは簡単ではありません。だから、世界のビールが日本で飲める気軽に1杯からでも飲めるお店を作ろうと思いました」と小出さん。

カウンターの向こうから小出さんやスタッフの方が積極的に話しかけてくれるので、一人で行っても寂しくありません。ビールについて何か質問をすれば、みなさん親切に答えてくれます。質問した人が、小出さんの情報量に驚くこともしばしばあるのだとか。ですが、いわゆるウンチクみたいなビールの話は、自分からはほとんどしないそう。その理由は「難しいことは考えず、まずはビールを飲んでほしい」と考えているため。そういった小出さんの心遣いが、お店の居心地をさらに良いものにしてくれています。

おすすめのビールを飲んでみた

Bats、Medium(266ml)税込1,000円』

BEERKICHI ビアキチ
スウェーデンのブルワリー「Wizard Brewing(ウィザードブルーイング)」のサワー(酸味があるビール)。

ドリンクメニュー紹介文は「ダックポンドのジョイントブランドであるスーパーサワーばっかり作ってるウィザード!パッションフルーツ、パイナップル、マンゴー、アプリコット!まるでもぎもぎフルーツ!うーまいぞ!(原文ママ)」。

やや濁りがある、明るいオレンジ色のビール。パイナップルやアプリコットのような甘さに少し酸味を含んだ香りがします。飲んでみると、桃や、パインアメのようなフルーティな風味が口の中に広がり、やわらかな酸味は心地よく、後口の苦みがいいアクセントに。一杯で幸せな気分になれます。


West Coast IPA、Medium(266ml)税込950円』


スウェーデンの都市・ヨーテボリにあるブルワリー「Stigbergets Bryggeri(スティングベルゲッツ ブリゲッリ)」のウエストコーストIPA。ウエストコーストIPAとは、アメリカ西海岸が発祥で、クリアな見た目。ホップがよく効いていて苦みが強く、控えめな麦芽の風味が特徴のビール。

ドリンクメニュー紹介文は「名前とは反して見た目ややヘイジーな一品。ヨーテボリがスウェーデンの西海岸と呼ばれることから洒落をかけているともいえますがそんなのはまぁどうでも良くなるフレッシュな柑橘系!美味しいぞ!!(原文ママ)」。

濁りのある暗めなオレンジ色のビールの上に、なめらかな白い泡がのっています。甘みを感じる柑橘系の香りが印象的です。飲んでみると、フレッシュでジューシー。苦みは控えめで、スッキリとした飲み口。時間が経つと、ホップの草のような青い香りが感じられ、ホップ好きにはたまらない一杯。

料理は名物のピザをはじめ、ミックスナッツ、生ハム、パテドカンパーニュなどの冷菜、パスタ、リゾット、ソーセージなどの温菜があり、立飲みのお店ながら種類は豊富。今回は、おすすめの『スライスピザ・ペパロニ(1/4スライス 税込400円)』をオーダーしました。


ニューヨーク風の軽い生地で、香ばしく焼けたサラミがのっています。旨味の強いチーズと酸味のあるトマトソースはビールのつまみにちょうどいい塩加減。添えてあるチリペッパーはお好みでどうぞ。

これは欲しい!限定のオリジナルグッズも


Tシャツ、グラスや栓抜きなど、オリジナルグッズも販売されています。ブルワリーや他のビアパブとコラボすることもあり、写真のTシャツはスウェーデンのブルワリー「BREWSKI(ブリュースキー)」とコラボしたもの(税込み2,500円)。どれもかわいくて、欲しくなっちゃいます。自分へのお土産にいかがでしょう?

まずは1杯のビールを

BEERKICHI ビアキチ
福岡の繁華街・天神にある小さなビアパブ「BEERKICHI」。海外のビールを取り扱う理由は「飲みたいというお客さんがいるから」といいます。本来なら海外に行かないと飲むことができないビール。輸入することで劣化し、コストもかかります。ですが、飲みたいというお客さんがいる限り、その思いに応えるべく、価値あるビールをいい状態で飲むことができるように取り組んでいるお店です。6坪と小さめの明るい店内はスタッフさんやお隣さんとの距離が縮まります。その“気さくさ”もこのお店のよさの一つ。

ビールは楽しいもの。難しいことはよかけん、まずは1杯、飲んでみらんね?おいしいビールが待っとるよ!

BEERKICHI(ビアキチ)

〇住所:福岡県福岡市中央区渡辺通5-14-21 福美荘103
〇営業時間
【平日】15:00~24:00
【土日祝】13:00~24:00
〇定休日:不定休
〇カウンター席のみ
〇支払い形式:現金、クレジットカード、電子マネー
〇喫煙・禁煙:店内禁煙
〇Facebook:https://www.facebook.com/BEERKICHI/
〇Twitter:@BEERKICHI2019
〇Instgram:beerkichi2019

情報提供元:ビール女子
記事名:「まずは1杯飲んでみらんね?価値ある1杯を提供する福岡・天神のビアパブ「BEERKICHI」