サムネイル

画像:時事通信フォト

11日に放送された「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)。

同番組が取り上げた皇族に関する報道、その際にスタジオに出演していた皇室ジャーナリストが発した一言に視聴者の注目が。

「ありえない」、「不敬すぎる」と視聴者が激怒した、皇室ジャーナリストの一言とは?

フジ「グッディ!」、皇族へ「不敬」すぎる発言が…「失礼」「ひどい」と批判殺到の一言とは?

11日午後に放送された「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)。

この日、同番組では同日に誕生日を迎えられた秋篠宮妃紀子さまの話題を報道しました。

長女・眞子さまの婚約も延期され未だ事態の収拾がついていない中、放送では紀子さまの眞子さまへの想いなどが紹介。

すると、スタジオに出演していた皇室ジャーナリスト・山下晋司さんが、紀子さまのこれまでの経歴について一言。

「『小娘』っていうと失礼ですけど……」

学習院大学を卒業直後に秋篠宮殿下と婚約を結び皇室に入った紀子さま、「社会経験が少ない」という前置きに「小娘」という言葉が飛び出したのです。

この言葉に、多くの視聴者が反応。

「小娘?小娘って言った?」

「失礼にもほどがある。最初に断っておいてもこれはないでしょ」

「皇族にももちろんだけど、そもそも女性に『小娘』って使用すること自体サイテー」

などと、批判が殺到しました。

山下さんは23年間、宮内庁に勤務しており、長年皇室を間近で見てきた人物。

そのような人物の口から、侮蔑を含むような言葉が飛び出したことに驚きを隠せない視聴者が多かったようです。

 

皇室への失言…あのタレントも?

皇族へ「小娘」という言葉を使用したことで、批判が殺到した「グッディ!」。

皇室は数千年の歴史をもつ、日本のアイデンティティを語る上では外すことのできない絶対的存在。

そのため、小娘というワードはもちろん、品のない言葉や表現には、容赦なく批判が殺到するのです。

昨年は元号が平成から令和に移ったこともあり、皇室行儀に触れる機会も多くありました。

その一つだった「即位礼正殿の儀」では、NHKで特別番組が報道され、儀式の模様が中継されました。

すると当時、番組に出演していたタレント・坂下千里子さんに、手厳しい意見が。

「可愛らしいですね」

皇后陛下のお召しになった十二単に、ポップな感想を口にした坂下さん。

すると、「場違いだ」との批判が噴出する事態になってしまいました。

しかし、今回は場違いな発言ではなく、侮蔑の場面でも使用される言葉が飛び出しました。

「小娘」という言葉で出た時点で、他の出演者は違和感を覚えなかったのでしょうか。

(文:有馬翔平)

情報提供元:Quick Timez
記事名:「フジ「グッディ!」、山下晋司が皇族へ「不敬」すぎる発言…「失礼」「ひどい」と批判殺到