サムネイル

画像:時事通信フォト

3日に放送された「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)。

同番組で今話題の書籍「やせ筋トレ 姿勢リセット」(KADOKAWA)が紹介されました。

しかし、視聴者からは「内容が入ってこない」と、戸惑いの声が。

視聴者が書籍の内容より気になったものとは?

日テレ「ヒルナンデス!」出演のベストセラー作家、顔に「違和感」が?「内容が入ってこない」と視聴者ざわつく…

3日午後に放送された「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)。

この日、現在までに60万部も売り上げ反響を呼んでいる「やせ筋トレ 姿勢リセット」(KADOKAWA)が同番組で紹介されました。

同書籍を手掛けたのは、エクササイズライター、イラストレーターとして活躍するとがわ愛さん。

元々インドア派だったとがわさんが、5ヶ月で10Kgも痩せた秘訣を今回披露することに。

しかし、番組を観ていた視聴者から戸惑いの声が。

「とがわさんの顔が気になる」

「ニューハーフの方?」

視聴者が気になったのは、とがわさんの顔立ち。

暗めのリップを使用しているためか、どこかエキゾチックな雰囲気が漂っていました。

この視聴者からの声が多数寄せられたことで、とがわさんもSNS上で「本当に女性なんです」、「もっとメイクとかを勉強しようと思います」と反応を見せました。

しかし「違和感を覚える」と意見の一方で、「こんな体型になりたい」ととがわさんに憧れる視聴者の姿も。

発売1ヶ月足らずで60万部を売り上げたとがわさん、高い美意識が違和感に繋がってしまった可能性もあるのかもしれません。

また、タイと日本のハーフであるということで、エキゾチックな雰囲気はそれに起因しているのでしょう。

 

とがわ愛が直伝!○○すれば美ボディになる?

視聴者から容姿が気になるという意見が多数寄せられたとがわ愛さん。

今回、「ヒルナンデス!」ではとがわさんが書籍で紹介している、痩せるための極意を伝授しました。

その方法とは、「背中を丸める」こと。

今年、長期間に及んだ外出自粛の影響で、座ったままの状態で日々過ごす方が続出。

結果、姿勢が悪くなり、特に骨盤は前に出る「反り腰猫背」という状態になる方が多かったよう。

この姿勢は、骨盤が前に出ることでお腹も出てしまい、太って見える原因になるのだそう。

それを解消するために、四つん這いの状態になって背中を丸めることで腹筋をつけ、お腹を引っ込める……それがとがわさんの極意。

「コロナ太り」という言葉も流行った今年、とがわさんの著書はそんな悩める方のバイブルといっても過言ではないでしょう。

(文:有馬翔平)

情報提供元:Quick Timez
記事名:「日テレ『ヒルナンデス!』出演のベストセラー作家、顔に違和感が…「内容が入ってこない」とザワつく