11月3日から4日にかけて、カリフォルニア州エンシニータスにて世界中の女子スケーターが集まる大会、Exposure2018が開催され、ストリートプロクラスで伊佐 風椰が3位、前田 日菜が腕を骨折しながらも出場し4位と大健闘した。

※怪我おしての出場・前田 日菜選手

ストリート14才以下のクラスでは将来のエースとの呼び声も高い、織田 夢海が見事優勝、2位には山脇 青空(そら)が続き、未来のモンスターたちが大活躍した!

Exposureとは?

日本ではあまり知られていませんが、Exposureは世界一大きな女子スケートボードイベントといわれ、他の出場選手を見てみるとストリートリーグにも出場経験があり、今年8月に行われたアジア大会でも優勝したMargielyn Arda Didal選手(フィリピン)が出場(今大会優勝)するなど、とても重要な大会なのです!

この大会で結果を残すという事は、本場アメリカのスケートシーンに大きなアピールをすることにも繋がるので、世界中から多くのガールズスケーターが集まります。

ちなみに昨年は藤澤虹々可(ななか)選手がストリートで出場し見事優勝!その後の活躍も実を結び、今年7月にX Games初出場を果たしています。

※今大会に出場した女子スケーターたち(一番右がキョウコ ヒックスさん)

今回、日本人スケーターたちをアテンドしたアメリカ在住のキョウコ ヒックスさんはスケートボード留学をするスケーターを受け入れる活動を行っており、日本のスケートシーンのレベルの底上げに多大な貢献をしています。

今大会の詳細なども彼女のブログで細かく紹介されていますので、是非チェックしてみてください。

(キョウコ ヒックスさんブログ:https://ameblo.jp/caskatepark/)

Exposure2018ストリート・プロクラスリザルト

1. Margielyn Arda Didal(19)

2. Poe Pinson(13)

3. 伊佐 風椰(17)

4. 前田 日菜(13)

5. Christiana Means(21)

6. Kendra Long(12)

7. Una Farrar(20)

8. Kiana Parra(23)

※()内は年齢

Exposure2018ストリート・14才以下クラスリザルト

1. 織田 夢海(12)

2. 山脇 青空(14)

3. Paige Heyn(10)

4. Christine Cottam(13)

5. Stella Reynolds(13)

6. Bella Kenworthy(11)

7. Mia Lovell(11)

8. Savannah Irvin(11)

※()内は年齢

写真・HIBRID Skateboards早川大輔氏より提供

筆者・小嶋 勝美

スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。約10年間芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

GRIND(グラインド) 2018年11月号 (2018年10月09日発売)
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「世界中の女子スケーターが集まるExposure2018が開催!伊佐風椰がプロクラス3位!織田夢海14才以下で優勝!