VAIOは2月18日、モバイルノートパソコンのグローバルフラッグシップモデル「VAIO Z」を発表。同日から受注を開始し、3月5日以降の出荷を予定しています。

カーボンファイバーを立体成型してボディ全面に使用していることが大きな特徴。一般に天板のみなど平らな面で使用されるカーボンファイバーを立体成型したノートPCは、同社によると世界初とのこと。

最軽量のモデルで958gと1kgを切る軽量ボディに、スピード、スタミナ、強靭さといったパフォーマンスを両立。

大容量の放熱システムを実装できたことにより、第11世代インテルCoreプロセッサーHシリーズから、最大5.00GHz起動のスペシャルエディションであるCore i7-11375Hが搭載可能に。

前モデルと比較して、プロセッサ―速度は約3.4倍、PCIe Gen. 4接続の第四世代ハイスピードSSDの搭載でストレージ速度は約2.2倍、5G対応によりネットワーク速度は約9.9倍に向上しているとしています。

「単位重量あたりのプロセッサ―スピード」「単位重量あたりのバッテリーライフ」という指標では、第11世代インテルCoreプロセッサー搭載機種、さらにM1プロセッサ―搭載のMacBook Proと比較しても優れたパフォーマンスを発揮するとアピールしています。バッテリー駆動時間は最大約34時間、連続動画再生時間は最大18時間。

強靭さの面では、アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810 Logistic Transit Drop Test)の準拠基準である122cmからの落下試験を超える127cmの落下試験をクリアしています。

ディスプレイは14.0型で、HDRに対応。フルHDと4K解像度(3840×2160ドット)を選択可能。

キーボードは約19mmのキーピッチで、キーストロークは約1.5mmに。

人感センサーと顔認証を組み合わせて、着席によるオートログインや離席によるオートロックができる「VAIO User Sensing」機能を搭載します。

ディスプレイは片手で開閉でき、最大180°まで開ける構造を採用。画面を180°反転させて、対面で操作しながらプレゼンする用途にも利用できます。

価格はオープンで、個人向けカスタマイズモデルが想定価格26万700円から(税込み)、量販店取扱いの個人向け標準仕様モデルが想定価格30万9800円(税込み)から。ソニーとVAIOの直販サイトで受注を開始しています。

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「

A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Undefined index: article_url

Filename: cache/20c7c8948f678aae8743c2f50cff87705295e98a.file.article.tpl.php

Line Number: 183