「美味いものはチャーハンにしても美味いはず」―今回の“なんでもチャーハン”企画は1月26日(火)から新発売となったファミリーマートの『シーチキン コンビーフおむすび』です!

「とりあえず炒めてみる」前に、まずは試食です。

混ぜ込みご飯としての美味しさとビーフのコントラスト

『シーチキン(R)コンビーフ』は、『缶つま』などでもおなじみK&Kを代表するコンビーフと、はごろもフーズ『シーチキン』によるコラボレーション商品。その『シーチキン コンビーフ』を使用したのがファミマの『シーチキン コンビーフおむすび』というわけなのです。

さてこのおむすび、『シーチキン コンビーフ』は混ぜ込みご飯の素として使われています。具材としてペッパーマヨネーズを和えたコンビーフが入っています。

まずはそのまま食べてみると、外側の混ぜ込みご飯からはなるほど、シーチキンの香りとコンビーフのコクが交じり合った味わいが楽しめます。そのコンビーフが伏線となって、マヨネーズとコショウが効いたビーフが美味しさのアクセントとなっているのが良くわかります。

これ、そのままでも美味いですね。チャーハンにしてみたらどうなるでしょうか。

玉子を入れて炒めてみよう

下準備として、おむすびを荒く刻んでおきます。

熱したフライパンに玉子を落として、おむすびと一緒に混ぜ込めば出来上がり。超の付くシンプルさです。

正直な所「やる意味あるのかな」というくらいのシンプルさなのですが、味わってその考えを改めました。めっちゃ美味いよ!

コンビーフとシーチキンの旨みがしっかりしみたチャーハン、海苔やマヨネーズ、ペッパーのアクセントが実に良い感じ。玉子が入ることによってコンビーフとの相性もさらにUPしています。

チャーハンにすると味が薄まる傾向にあるのですが、このシーチキン コンビーフおむすびの場合、たしかに各要素が交じり合いやや均質化するのですが、なだらかなグラデーションとしてちゃんと残っています。

シーチキン、コンビーフ、ペッパー、マヨ、海苔、玉子、それぞれの味のどれかが突出せず、食べやすい良いバランスを保っていて、ついつい食べ進めてしまう魔力があります。肉と米と魚と玉子のパワーバランス。、

余談ですが、このシーチキンとコンビーフとペッパー、トマトが良く合うので、添えても混ぜ込んでもいいと思いますよ!

もしファミリーマートで『シーチキン コンビーフおむすび』を見かけたら、チャーハンも検討してみてください。

ガジェット通信:なんでもチャーハン
https://getnews.jp/tag/friedrice

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「[なんでもチャーハン] 肉×米×魚だから美味いはず!? ファミマ『シーチキン コンビーフおむすび』をチャーハンにしてみた