全国の販売店で10月30日(金)より販売開始となった「プルーム・テック・プラス」専用たばこカプセルの「メビウス・プレミアムゴールド・レギュラー」を試してみたところレギュラーフレーバーとして完成度が高かったので、既存のレギュラーフレーバーと比較してレビューしてみます。

メビウス・プレミアムゴールド・レギュラーとは

メビウス・プレミアムゴールド・レギュラーは、種・畑・技にこだわった希少な純国産のたばこ葉である“ゴールドリーフ”を100%使用したことで、これまでにない濃厚な味わいが愉しめるレギュラータイプ。また、カートリッジに香料を使わず、甘さを抑えた飽きの来ない味に仕上げているとのこと。香料を使用していないのは、なかなか攻めた試みですよね。

過去のレギュラーフレーバーと比較してみた

今回はメビウス・プレミアムゴールド・レギュラーを同じレギュラーフレーバーの既存製品「メビウス・ロースト」と「メビウス・ゴールド・ロースト」と比較してみます。

まずカートリッジ部分の外観を比較。メビウス・ローストとメビウス・ゴールド・ローストは褐色でにおいが甘いのに対して、メビウス・プレミアムゴールド・レギュラーは透明で、ほとんどにおいがないのが特徴です。

まずはメビウス・ローストから喫煙。吸ってから吐き出すときに鼻から香ばしいの香りが抜けるような感じで、お菓子のような味わいがあります。どこか駄菓子屋などの懐かしさを感じるテイストです。少し甘みが強く、連続で吸うケースを想定するとしつこさがあるように感じます。

続いてメビウス・ゴールド・ロースト。メビウス・ローストと比べると、たばこの旨みが増し、味わいもしっかりとしていて、吸いごたえが増したように感じます。ただ、これもメビウス・ローストと同じように甘さを感じ、個人的には連続して吸い続けにくい印象があります。

もともとメビウス・ローストとメビウス・ゴールド・ローストはパッケージが茶色なのでもう少し甘さを控えたタバコっぽい味わいなのかと思っていましたが、実際は他のどの商品よりも甘ったるさを感じる印象です。

最後にメビウス・プレミアムゴールド・レギュラーです。独特の甘ったるさはなく、これまでのメビウス・ローストやメビウス・ゴールド・ローストと比べて濃厚な味わい。メビウス・ゴールド・ローストのような旨さに加えて、良い意味で苦味を感じさせつつも余計な雑味が少なく、飽きがこないのが印象的です。

直感的に、既存のプルーム・テック・プラスの専用たばこカプセルの中では、最も紙巻たばこに近い感覚なのではないかと感じました。

ちなみにメビウス・プレミアムゴールド・レギュラーはコーヒーにめちゃくちゃ合いますので、お供にオススメです。

比較レビューまとめ

メビウス・ローストとメビウス・ゴールド・ロースト、メビウス・プレミアムゴールド・レギュラーについて、それぞれ感じた特徴を数値化してみました。
※数値の上限は100で感覚値です

メビウス・プレミアムゴールド・レギュラーは既存の商品と比べて、たばこ葉の濃厚さが際立ち、飽きが来ないのが好印象でし

た。

これまでのプルーム・テック・プラスの専用たばこカプセルでは、どうしてもこの濃厚さに幾ばくかの不満があったものの、メビウス・プレミアムゴールド・レギュラーがこの穴を埋め始めてくれたのかなと思います。

正直プルーム・テック・プラスがここまでたばこ葉の味わいだけで攻めてきたことには驚きです。是非リピートしたい一品でしたので、プルーム・テック・プラスのユーザーは一度試してみてはいかがでしょうか?

CLUB JT
https://www.clubjt.jp/[リンク]

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「希少な純国産たばこ葉100%使用のJT「メビウス・プレミアムゴールド・レギュラー」が発売 既存のレギュラーフレーバーとはどう違う?