iPhone黎明期に、顔写真をゾンビ化するカメラアプリが人気だったことを覚えている人も多いでしょう。

アプリだけでなくウェブ上でも顔写真をアニメ顔にしたり、ディズニー顔に変換するサービスがあったりします。

OcuveraというAI(人工知能)企業でデータ・サイエンティストとして働くジョシュ・ブラウン・クレイマーさんが開発したのは、AIで人間の顔をゾンビ化する「Make Me A Zombie」というウェブサイトです。

Make Me A Zombie
https://makemeazombie.com/[リンク]

「Choose Picture」で写真を選択し、「Make Me A Zombie」ボタンを押せば、AIが自動的に写真をゾンビ化してくれます。


https://twitter.com/MakeZombie/status/1321846313667989505

人工知能研究者のアンドリュー・ンさんのゾンビ顔。


https://twitter.com/MakeZombie/status/1321484689895469056

ジム・キャリーがゾンビ化するとこんな感じです。


https://twitter.com/jbrownkramer/status/1322373630517534720

ゾンビ化したジミー・ファロン。有名司会者もゾンビ映画の“その他大勢”みたいになってしまいました。

【関連記事】自撮りした写真をアニメキャラ化する「Selfie 2 Waifu」 稀に化け物が出てきます
https://getnews.jp/archives/2528530[リンク]

【関連記事】ディズニー顔になれる「Toonify Yourself!」 残念なことに現在サービス一時停止中
https://getnews.jp/archives/2730205[リンク]

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/MakeZombie/status/1321484689895469056

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「AI(人工知能)で人間の顔をゾンビ化する「Make Me A Zombie」