10月27日、NetflixはUbisoftと『アサシン クリード』のコンテンツ開発契約を結んだことを発表しました。

2007年の発売以降、『アサシン クリード』はシリーズ累計で1億5500万本以上の販売実績を誇るベストセラーゲームです。


https://twitter.com/NXOnNetflix/status/1321081672842969089

同時に、『アサシン クリード』の実写ドラマ化も発表されています。

このニュースに対して以下のような声が集まっています。

・『悪魔城ドラキュラ -キャッスルヴァニア-』のようなアニメのほうがいいな
・(2016年公開の映画版『アサシン クリード』で主演した)マイケル・ファスベンダーが帰ってくる?
・パルクールのようなアクションは不要
・Netflixが台無しにしそうな予感
・『アサシン クリード II』のエツィオを主役でお願いしたい
・ファスベンダーを起用しなければ問題なし
・映画版『アサシン クリード』みたいなことにならないことを祈る
・『アサシン クリード』の実写ドラマが観たいかと言われると“多分”と答えるけど、興味あるかと言われれば確かに興味はある
・Netflixに期待してもいいのかなあ
・せめて『ウィッチャー』と同程度の完成度で仕上げて欲しい

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/NXOnNetflix/status/1321081578697621508

※ソース:
https://about.netflix.com/en/news/netflix-and-ubisoft-team-up-for-live-action-series-adaptation-of-assassins

(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「Ubisoftと『アサシン クリード』のコンテンツ開発契約を締結したNetflixが実写ドラマ化を発表