ジュピターテレコムは9月15日、MVNOとして提供する携帯電話サービス「J:COM MOBILE」のサービス刷新を発表。エントリー向け料金プランの基本データ通信容量の増量、大容量プランの容量超過後の最大通信速度の増速、公衆Wi-Fiサービスの拡充といったサービスのリニューアルに加えて、「iPhone SE(第2世代)」の取り扱いを開始することを明らかにしました。

リニューアルしたエントリー向け料金プランは9月17日から提供を開始し、いずれのプランも料金は据え置きになります。データ容量0.5GBのプランは1GBに増量して月額980円(税別)。3GBのプランは5GBに増量して、スタート割を適用すると12か月間、月額1980円(税別)。

データ容量10GB、20GBの大容量プランでは、容量超過後の最大通信速度を200kbpsから1Mbpsに増速します。こちらも9月17日から提供。Netflixでは利用に必要な最低接続速度を0.5Mbpsとしていることから、同社は1Mbpsであれば容量超過後でも動画がサクサク視聴できるとしています。

10月1日からは、J:COM MOBILEユーザーが無料で利用できる公衆Wi-Fiサービス「ギガぞう Wi-Fi」に、「au Wi-Fiスポット」のアクセスポイントが追加。現行の約6万スポットから、10万スポット以上に拡充されます。

10GBプランは、スタート割を適用して12か月間は2980円(税別)、20GBプランはスタート割を適用して12か月間3980円(税別)。SIMのみのプランでもエントリー向けは容量が1GBと5GBになります。

サービスをリニューアルする9月17日には、新端末としてiPhone SE(第2世代)を発売。64GB/128GB/256GBの全モデル、本体カラーはホワイト、ブラック、(PRODUCT)REDの3色をそろえるフルラインアップで販売します。

64GBモデルで10GBプランを選択する場合、月額の端末代は0円、契約翌月から12か月間の料金は10GBプランで2980円(税別)に。128GBモデルと10GBプランの組み合わせは端末代150円(税別)で3130円(税別)、256GBモデルと10GBプランでは端末代350円(税別)で3330円(税別)。

Appleのサポートサービス「Apple care+ for iPhone」が月額367円(税別)で24回払いの申し込みができるほか、48回の割賦で申し込むと最大24回分の支払い後に残債ゼロで新しい端末に機種変更できる「スマホmoreプログラム」が適用されます。

J:COM MOBILEは、自宅を訪問して初期設定を行う訪問設定、電話や遠隔操作によるサポート、破損時に代替品をすぐに発送する「安心端末保証48」などサポートが厚く、これまでユーザーはシニア層が中心となっていました。同社はサービスのリニューアルとiPhone SEの取り扱いにより、「やすく たっぷり しあわせに」というサービス価値を提案し、新しいグラフィックイメージと共に若年層へも訴求していく考え。9月24日からは、対面での接客を避けたいというユーザーのニーズに応え、オンラインストアで誰でも24時間365日、オンラインによる申し込みを受付開始します。

J:COM MOBILE | 格安スマホ・格安SIMのJ:COM
https://www.jcom.co.jp/service/mobile/

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「J:COM MOBILEがエントリー向け料金プランのデータ増量を含むサービスのリニューアルを発表 新規取り扱いのiPhone SE は64GBモデル・10GBプランで月額2980円から