メガネブランド『Zoff』が余分な視覚情報をカットできるメガネ「Zoff+集中」の再販売を発表しました。
“集中できる環境”づくりのサポートとして開発されたこのメガネ、実は前回発売の際に大好評を博しての再販売となります。

「Zoff+集中」はフレーム部分とフード部分がセパレートできる構造なので、集中したい時など、必要な時に着脱することができます。度付きレンズやブルーライトカットレンズを入れることも可能となっています。

「Zoff+集中」の開発のヒントは、競走馬に装着する馬具である「ブリンカー」。「ブリンカー」は繊細な競走馬が真横や後方の視界を遮り、前方に集中する役目を担っています。

実際にかけてみると、確かに視界がほどよく前方に限定されます。

周辺の余分な視覚情報をカットすることにより、脳の「前頭眼野」の負荷を軽減することができるようです。

<写真:Zoff+集中をかけていないとき>

<写真:Zoff+集中をかけたとき>

テレワークの場合、オフィスより疲れがたまる気がしている筆者。実は調査によると、テレワークに対する不満点として最も多いのは「テレワークはオンオフの切り替えがしづらい」点らしいので、テレワークでは余分な負荷がかかっている可能性がありますね。

<写真:オフィスで使用したとき>

オフィスだけではなくテレワークでも使ってみましたが、集中したい時のスイッチとして有用ですね。筆者個人の感想ではありますが、疲労感がいつもより軽減された気がしました。

「Zoff+集中」の価格は8,000円(税別)。Zoffオンラインストア、Zoff一部限定店舗などで発売中です。

https://www.zoff.co.jp/shop/contents/shuchu.aspx

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「ヒントは競走馬のブリンカー 集中できるメガネ「Zoff+集中」を試してみた