古川雄輝さん×竜星涼さんのダブル主演映画『リスタートはただいまのあとで』が、9月4日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開中。熊井大和(くまい やまと)を演じる竜星涼さんの撮り下ろしインタビューをお届けします。

本作は、職場で上司に人間性を否定され、会社を辞めて10年ぶりに田舎に戻った光臣(古川さん)と、長野県で農園を営んでいる熊井じいちゃんの養子で、ふさぎこんでいる光臣を励まし、心の痛みに寄り添う優しい大和(竜星さん)が、“そのままの自分”を受け入れてくれるお互いの存在の大きさに気付き、次第に惹かれていく心模様が描かれる癒し系純愛BL映画。

大和を演じる竜星さんに、本作の印象や長野県千曲市・上田市で行われたオールロケのオフの過ごし方などお話を伺いました。

撮影後は現地のお店巡り!大和になるため地元民に混ざって交流!?

――同名の漫画作品が原作となっていますが、まず読まれた印象は?

竜星:BL作品という枠には入るのだと思いますが、純愛ラブストーリーで、そこに人が持っている悩みやお互いがないものを助けて支え合って、そして受け入れ合って、一緒に生きていく作品。今回の作品は2人が一緒になってからの葛藤というより、どうやって彼らが友達になって恋へと発展していくのか、というところをたっぷり描いています。そこが原作も含めて魅力的だなと思ってオファーを受けました。

――どちらも男性が好きと意識していてスタートするのではなく、気づいたら相手を好きになっていた、それが同性だったというだけですよね。

竜星:恋愛の本来のあり方というか、それがきっと普通のことなのかな、と。一方で、同性という壁があるからこそ、この感情は恋なのか?何なのか?と葛藤もするだろうし、そういった部分があることで、またドラマチックになるのかなという気がします。

――初共演の古川さんの印象は?

竜星:最初はクールな印象がありましたが、監督とずっと自分が納得いくまで話し合っている姿は、作品に対してとても情熱的な方なのかなと思いました。

――監督から受けたディレクションはどんなものが?

竜星:今回は本当にそんなにディレクションをされていないんですよね。僕が自由に演じさせてもらったし、唯一指示されたことは、可愛らしく下ろした髪型にしてください、と言われたくらいです。

――親子や家族など人間愛も描かれている物語ですが、大和という役とどのように向き合って演じましたか?

竜星:本当に難しい役どころではあるなと思いましたけど、基本的に、誰しもが何か深入りしてほしくない部分や悩みを持っているものだと思うんですよね。それが彼にとっては親が居なかったりしたことで、傍から見たら「大変だね」と言われるようなことだけれど、それは人それぞれの生き方によって大変さは違うんだよ、ということはすごくベースとして考えなければいけないなと思いました。彼がどうやって生きてきたか、どうやって過ごしてきたかという、この映画で描かれる前までの彼の物語を作っていくことが一番大事かなと思って。そこが俳優としては一番準備としてイマジネーションしました。

――大和は地元に住んでいる青年なので、方言のセリフが大変ではなかったですか?

竜星:方言はやっぱり難しいですね。ただ、そこに引っ張られたくないという気持ちのほうが強かったのと、監督自身もそこまで方言に対してイントネーションだったり、そこがすごく大事かというとそうではないという考えではありました。でも、大和のひとつのキャラクターとして方言という一面はあるし、それがあることによって個性がより出たりすると思うので、方言に助けてもらった部分ももちろんあります。

――長野でのロケが役作りへ影響した、反映された部分はありましたか?

竜星:僕は、地元の人間になるには地元の人たちと一緒にごはんを食べるのが一番だと思っていました。こうやって言うとすごくキレイな感じですけど、単純に仲良くなってごはんを食べてお酒を飲んで……みたいなことをしていました(笑)。

――お酒が美味しかったのですね(笑)。

竜星:美味しかったですね~。美味しいものがいっぱいあったし、本当に知らない人たちと仲良くなって、気づいたらお父さんたち4、5人が周りに集まって飲んでいたり。だから、すごく地元の人に成り切っていたと思いますね。今回の撮影期間は、地元の人たちと一緒に美味しいものを食べたり、あちこち行かせてもらったりしました。

――どんなところに行かれたんですか?

竜星:温泉街ということもあって、温泉好きとしてはいろんなところに行ってみたりとか。自分の中で行きたいお店のリストを用意して、撮影が終わってからそこを巡って、お店の大将とかに「次はどこのお店がオススメですか?」と聞いたり。地元の人と連絡先も交換していたので、「みんな今◯◯で飲んでるから~」と言われて、ワイワイ地元民しかいないところに混ざったりもしました。すごく楽しかったですよ。みなさんの優しさや愛があって。東京に帰る頃には、じゃあみんなに挨拶していこうかな、みたいな感じで顔を見せると、「また来てね~」「東京行ったときはよろしく~!」とか言われて(笑)。

――そういった部分が大和の愛される穏やかな雰囲気に繋がっているかもしれないですね。

竜星:そうですね。地元の人間になるには地元の人達と交流するのが一番というのと一緒で、彼の純朴さみたいなものは、そういうところから滲み出るものがあればいいなと思っていました。

竜星涼が思わず壁を作るほど苦手なものとは……?

――今作は、“心の壁”が大和や物語の1つのポイントとしてありますが、竜星さんは人に壁を作るタイプですか? 地元の人と交流した話を聞く限りでは違うと思いますが……(笑)。

竜星:基本的には壁は作らないです。僕自身は人から好かれたいと思っているし、会話があったほうが楽しいと思うから。でも、そういう壁はないけれど、やっぱりすごく仲良くなった人にしか見せないものだったり、そこには入ってほしくない、触れられたくない部分というのはもちろんあります。でもそれって、人は誰でも持っていると思うんですよ。大和はそれが作品の中で浮き彫りになるけれど、誰もがそういった部分を持っていて、きっと向き合っていくんじゃないかなと思うんですよね。

――では、竜星さんが思わず壁を作ってしまう人やモノはありますか?

竜星:僕は、アリ(蟻)です。

――アリ!? 珍しいですね。

竜星:アリから虫が苦手になったんです。小さい頃、アリや虫が密集した凄まじい絵本を見てしまって。そこから苦手になってしまいました……。

――今回は農作業のシーンもありましたが、撮影現場で遭遇されませんでしたか?

竜星:そんなにいなかったです。今は大人だから、苦手でもある程度は「ああ、いるな」みたいな感じで対応はできます(笑)。おばあちゃんの家が農家だから、農作業とかは昔お手伝いしたことを思い出しましたね。あとは、幽霊も苦手です。

――ホラーものも無理なんですね。

竜星:だから、僕はホラー映画は出れないかもしれません(笑)! 

――今後、ホラー作品に参加されるか注目していますね(笑)。では、本作を楽しみにしている方にメッセージをお願いします。

竜星:こういう世の中ですけど、人と人とが補い合って前へ進んでいく美しさや大切さみたいなものがすごく詰まっていると思うので、それを感じ取っていただけたらと思います。人を好きになるというのはどういうことなのかな?と初心に戻るような気持ちで見てもらえたら嬉しいです。

――ありがとうございました!

ヘアメイク: TAKAI
スタイリスト: 山本隆司(YAMAMOTO TAKASHI)
撮影:周二郎

関連記事:
古川雄輝×竜星涼の“癒し系2ショット写真”解禁!映画『リスタートはただいまのあとで』小説家・宮木あや子先生からコメントも到着
https://getnews.jp/archives/2700023

古川雄輝×竜星涼 キス寸前の特報映像!映画『リスタートはただいまのあとで』佐野岳ら追加キャストも解禁
https://otajo.jp/88429[リンク]

古川雄輝×竜星涼の“癒し系2ショット写真”解禁!映画『リスタートはただいまのあとで』小説家・宮木あや子先生からコメントも到着
https://getnews.jp/archives/2700023

映画『リスタートはただいまのあとで』9月4日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開中!
出演:古川雄輝 竜星 涼
村川 絵梨 佐野 岳 / 中島 ひろ子 螢 雪次朗 甲本 雅裕
監督:井上竜太
脚本:佐藤久美
原作:ココミ著書「リスタートはただいまのあとで」(プランタン出版 刊)
配給:キャンター
https://restart-movie.com/[リンク]
(C)2020映画「リスタートはただいまのあとで」製作委員会

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「竜星涼が壁を作ってしまう意外な存在とは!? 映画『リスタートはただいまのあとで』撮り下ろしインタビュー