ニュージーランドでレンズ雲と呼ばれる変わった形の雲が目撃され、現地で話題となっています。


https://twitter.com/beckett_geoff/status/1299634872034582528

8月29日の午後5時過ぎに、セントラル・オタゴの1万5000フィート上空で撮影されたレンズ雲の写真がこちらです。撮影したのは飛行歴20年以上のベテランパイロットであるジェフ・ベケットさん。


https://twitter.com/beckett_geoff/status/1299822862786723840

別の角度から撮影された写真です。ニュージーランドの天気予報会社「WeatherWatch」によれば、オタゴ地方やカンタベリー地方でレンズ雲が発生しやすいということです。UFOのような形の小さいサイズのレンズ雲は、割と頻繁に発生するそうです。

SNSには以下のような声が集まっていました。

・なんとも壮大な雲だ
・すごいね
・こんな雲見た事ないわ
・美しい
・ラピュタを見つけたのかと思った
・空中のグランド・キャニオン?
・空をキャンバスにしたアートだね

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/beckett_geoff/status/1299634872034582528

※ソース:
https://www.weatherwatch.co.nz/content/photo-layer-upon-layer-upon-layer-stunning-cloud-over-nzs-south-island/

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「ニュージーランドで目撃されたレンズ雲 飛行歴20年以上のベテランパイロットも驚く