8月27日、LG Electronicsがウェアラブル空気清浄機「PuriCare Wearable Air Purifier」を発表しました。

「PuriCare Wearable Air Purifier」は、鼻と顎周辺の空気漏れを最小限に抑え、使用者の顔にフィットするように人間工学にもとづいて設計されています。同社の家庭用空気清浄機でも使われているH13 HEPAフィルター2個が搭載されており、バッテリーの持続時間はローモードで最大8時間、ハイモードで最大2時間となっています。

センサーが使用者の呼吸の周期と量を検出すると、デュアルファンを調整しながらろ過された綺麗な空気を取り入れます。

本体を収納するケースには殺菌作用のあるUV-LEDライトが搭載されていて、本体を清潔に保ちます。

「PuriCare Wearable Air Purifier」は、2020年10月以降一部地域にて発売予定です。価格は未定。

※画像とソース:
http://www.lgnewsroom.com/2020/08/lg-revolutionizes-personal-clean-air-with-puricare-wearable-air-purifier/

(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「マスクじゃなくてウェアラブル空気清浄機 LGが「PuriCare Wearable Air Purifier」を発表