最近の加熱式たばこのトレンドとなっているクール系メンソールスティック。高温加熱式たばこデバイス「プルーム・エス 2.0」と「IQOS 3」、「glo hyper」ではメンソールの味わいにどのような違いがあるのか、実際に吸って比較してみました。レビューの評価基準として「何本でも吸い続けることができるたばこ(=飽きがこない)」もしくは「1本吸ったら満足するようなたばこ(=普段の喫煙のアクセントになる)」というような要素を重点的に見ていくことにします。

3種類のスティックを用意

今回用意したスティックはプルーム・エス 2.0用の「キャメル・ブラック・ミント・メンソール」、IQOS 3用の「マールボロ・ヒートスティック・ブラック・メンソール」、glo hyper用の「ケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール」です。

まず用意したのはプルーム・エス 2.0のキャメル・ブラック・ミント・メンソール。パッケージデザインがかっこいいですね。開封した際に漂うにおいはクール系ミントガムのにおいです。

次にIQOS 3のマールボロ・ヒートスティック・ブラック・メンソール。紙巻きたばこのメンソールではおなじみ、マールボロのブラックメンソールのIQOSスティックになります。開封した際に漂うにおいには、ミントのにおいの他にたばこ葉のにおいもあります。

次にglo hyperのケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール。開封した際に漂うにいは同じくクール系ミントガムのにおいですが、圧倒的なミントのにおいがします。

プルーム・エス 2.0のキャメル・ブラック・ミント・メンソールを試す

「プルーム・エス 2.0」の特徴として「テイスト・アクセル」というモードがあるので、今回は2つのパターンを試してみました。

・テイスト・アクセルをOFFモード
味の感想として、まず2口目までは加熱式たばこ独特のにおいを感じましたが、それ以降は特に独特のにおいを感じることはなく、上品な味わいがあります。キリッとしたメンソール感も残しつつ、連続で吸う上でも楽しむことができるバランスの取れた程よさです。
メンソール感:★★★☆☆(3 / 5)

・テイスト・アクセルをONモード
先ほどのテイスト・アクセルをOFFモードにした状態と比べて、よりキリッとしたメンソール感があります。メンソール感がお好きな方にはこれはオススメです。それゆえ、強いメンソールの苦手な方にはややしんどいと感じてしまうかもしれません。しかし、テイスト・アクセルのON/OFFを切り替えることができるため、その時の気分に応じて味わいを変更できるという点でポイントが高いです。
メンソール感:★★★★☆(4.5 / 5)

IQOS 3のマールボロ・ヒートスティック・ブラック・メンソールを試す

マールボロ・ヒートスティック・ブラック・メンソールもメンソール感が強すぎず程よい味わい。長く吸い続けることができます。良い意味でメンソールスティックのスタンダードな味わいだと感じました。一番独特のにおいが抑えられている加熱式たばこという印象。
メンソール感:★★★★☆(4 / 5)

glo hyperのケント・ネオスティック・トゥルー・メンソールを試す

吸った瞬間にとても強いメンソールが口から鼻を突き抜けました。ただ、たばこ葉の味わいはするものの、たばことしての味わいという観点ではやや物足りない感じがありました。連続して吸い続けることは難しいと感じたため、他のスティックの間に挟むようなアクセントとしての立ち位置が良いのではないかと思います。メンソールが好きでたまらない方にとってはこれが一番しっくりくるクールなメンソールなのではないかと思います。
メンソール感:★★★★★(5 / 5)

比較レビューまとめ

メンソール感ランキング
1位:glo hyperのケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール
2位:プルーム・エス 2.0のキャメル・ブラック・ミント・メンソール(テイスト・アクセルON)
3位:IQOS 3のマールボロ・ヒートスティック・ブラック・メンソール
4位:プルーム・エス 2.0のキャメル・ブラック・ミント・メンソール(テイスト・アクセルOFF)

たばこの味わいランキング
1位:プルーム・エス 2.0のキャメル・ブラック・ミント・メンソール(テイスト・アクセルOFF)
2位:IQOS 3のマールボロ・ヒートスティック・ブラック・メンソール
3位:プルーム・エス 2.0のキャメル・ブラック・ミント・メンソール(テイスト・アクセルON)
4位:glo hyperのケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール

メンソール感とたばことしての味わいから、普段から喫煙するメンソールたばことしてとらえた総合的な満足度のデバイス別ランキングは下記になります。

総合満足度ランキング
1位:プルーム・エス 2.0のキャメル・ブラック・ミント・メンソール
2位:IQOS 3のマールボロ・ヒートスティック・ブラック・メンソール
3位:glo hyperのケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール

メンソールに関しては、アクセントとしてのglo hyper、スタンダードとしてのIQOS 3、どちらも使い分けることのできるプルーム・エス 2.0、どれも魅力的なデバイスです。お好みの使い方ができるデバイスで喫煙を楽しんでみてはいかがでしょうか?

CLUB JT
https://www.clubjt.jp/[リンク]

IQOS公式サイト
https://jp.iqos.com[リンク]

gloオンラインストア
https://onlinestore.discoverglo.jp/[リンク]

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「メンソールスティックの味わいの違いは? 高温加熱式たばこデバイス「プルーム・エス 2.0」「IQOS 3」「glo hyper」で比較してみた