Fitbitは8月26日、健康管理の機能を強化したスマートウォッチ「Fitbit Sense」、スマートウォッチ「Fitbit Versa 2」の後継モデルでGPSを搭載した「Fitbit Versa 3」、リストバンド型活動量計の新モデル「Fitbit Inspire 2」の3機種を発表しました。3製品とも9月10日からAmazon、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、上新電機、エディオン、ケーズデンキ、ノジマ、 腕時計本舗、neel(ニール)、TiCTAC他系列店、TIME TIME、ベイクルーズストアなどで先行予約を開始し、10月2日に発売を予定しています。

Fitbit Senseは、心拍計に加えて皮膚電気活動(EDA)や皮膚温を計測するセンサーを搭載するスマートウォッチ。皮膚電気活動や皮膚温の計測によりストレス管理に役立てられるほか、24時間計測する心拍計では通常より高い、あるいは低い心拍数を検知して通知する機能を搭載します。

20種類以上のエクササイズの計測、歩数や距離、上った階数、消費カロリーといったアクティビティの記録、心拍ゾーンの表示、睡眠の計測とスコアの表示、スマートフォンと連動した通知といった機能が利用可能。GPSを搭載し、屋外でのランニングやサイクリング、ハイキングで計測したペースと距離を本体ディスプレイに表示できるほか、Fitbitアプリでワークアウトのマップを確認することが可能。本体は50m防水で、バッテリー寿命は6日以上。急速充電に対応し、12分で本体を1日分充電できます。タッチ決済機能のFitbit Pay、「Deezer」「Spotify」アプリによる音楽再生、生理周期の記録に対応。音声アシスタントはAlexaに加えてGoogleアシスタントが利用可能になりました。

本体カラーはカーボン/グラファイトスチールとルナホワイト/ソフトゴールド ステンレススチールの2色をラインアップします。価格を3万9990円(税込み)。購入者には、健康管理とフィットネスの分析、ガイダンスを提供する月額サービス「Fitbit Premium」の6か月の無料体験を提供します。

イノベーションの新時代:Fitbit Sense(YouTube)
https://youtu.be/FVyA74XtX28

Fitbit Versa 3は、新たにGPSを搭載。本体のみでランニングやサイクリング、ハイキングのペースと距離を表示し、Fitbitアプリでワークアウトのマップを確認できます。20種類以上のエクササイズの計測、歩数や距離、上った階数、消費カロリーといったアクティビティの記録、24時間計測する心拍計による心拍ゾーンの表示、睡眠の計測とスコアの表示、スマートフォンと連動した通知といった機能が利用可能。本体は50m防水で、バッテリー寿命は6日以上。急速充電に対応し、12分で本体を1日分充電できます。Fitbit Pay、DeezerやSpotifyアプリによる音楽再生、生理周期の記録に対応。音声アシスタントはAlexaとGoogleアシスタントが利用可能。

本体カラーはブラック/ブラックアルミニウム、ピンククレイ/ソフトゴールド アルミニウム、ミッドナイト/ソフトゴールド アルミニウムの3色をラインアップ。価格は2万9990円(税込み)。

Fitbit Versa 3 のご紹介(YouTube)
https://youtu.be/ELo_H4oC3Sg

Fitbit Inspire 2は、24時間計測する心拍計を搭載するリストバンド型活動量計。Fitbit Premiumの1年間の無料体験を提供します。20種類以上のエクササイズの計測、歩数や距離、上った階数、消費カロリーといったアクティビティの記録、心拍ゾーンの表示、睡眠の計測とスコアの表示、スマートフォンと連動した通知といった機能が利用可能。スマートフォンのGPSと連携すると、ランニングやサイクリング、ハイキングのペースと距離を表示し、Fitbitアプリでワークアウトのマップを確認できます。本体は50m防水で、バッテリー寿命は10日以上。

本体カラーはブラック、ルナホワイト、デザートローズの3色。価格は2万1470円(税込み)です。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「Fitbitがストレスを管理する皮膚電気活動センサー搭載の「Fitbit Sense」とGPSを搭載した「Fitbit Versa 3」を発表