激シブで超ホワイトな上司の石沢課長の言動や、割と根性のある若手社員の麦田歩さんの成長が多くの人の共感を呼んでいる吉谷光平先生(@kakikurage)のマンガ『今どきの若いモンは』。Twitterで公開された『部下に教わるタイプの課長』では、麦田さんが総務部の課長にメールをした件について聞きに行って……というストーリーになっています。

総務部で「すいません、昨日メールした件って処理して頂けましたか?」と聞く麦田さんに、「はぁ?メールしたらすぐ電話してくれないと困るよ!!!メールなんていちいち見ないよ!!!」という持木課長。「え…!!?めっちゃ二度手間じゃん…!!!」と思いつつ、「でしたらスマホとPCのメールを連動して頂けたら…」と提案しますが、「ゴチャゴチャ言うんじゃないよ!!!ったく今どきの若いのは…」と拒否。「ですが…それだと効率が…」いう麦田さんに「はぁ~何でもかんでも効率効率って!!!それだけが全てじゃないでしょ!!?」と聞く耳を持ちません。

ここで「ったく今どきの若いモンは…」と現れた石沢課長。「おう石沢くん。本当困ったモンだよね今の若いのは…」と同意を求める持木課長を差し置いて、「PCとスマホのメールを連動させられるのか…知らなかった。すごいな麦田、教えてくれないか?」と言い、持木課長と麦田さんが「はい?」とハモることに。

「しかしメールした先の相手がその方法をしらない我々のようなオジさんだと困るな…」と思案しだす石沢課長。「確かにそれだと今日みたいなことに…」という麦田さんに「よし、オレは麦田に教わって、社内全員に使い方の資料を配ろう」と言い出し、「か…かちょー!!!」と慌てて「い…いやでもそれは私がやります!!!」といいますが、「ダメだ。資料を作ることでより理解が深められる」と聞く耳を持ちません。

そのやり取りを見て、「若手に教わるなんてどうかしてる…上司としての威厳が…」と言う持木課長。石沢課長は「若手に教わらないとどんどん時代遅れの何もできない老人になります」と言い……。

「昔のやり方にも良いモノはありますが、固執してるだけの人間に威厳なんて無いですよ」と断言する石沢課長に、ぐうの音も出ない持木課長。「私もいつか歳をとっても、若い人に何でも聞ける上司になろう…!!!」と心に決める麦田さんですが、「さあ、一緒に教わりましょう持木課長」という石沢課長に対して、「…何かすごい大事になってるけどすぐにできることなんだよな~」と思うのでした。

この話にも「カッコイイ」「学ぶ姿勢って大事」「こんな会社があればいいなぁ」といった声が集まっていた『今どきの若いモンは』。今回は2020年8月27日にREXコミックスから第5巻が刊行となる吉谷先生にお話を伺いました。

--『今どきの若いモンは』を着想されたきっかけはどういった事だったのでしょうか?

吉谷光平先生(以下吉谷):「今どきの若いモンは」と言いつつ、良いことを言ってくれるカッコいいおじさん上司がいたら嬉しいよな~、と思って描き始めました。

--課長のかっこよさだけでなく、麦田さんの成長物語としても読めますが、ストーリーを考える上でどんな点がポイントになっているのでしょうか?

吉谷:現在は麦田が理想の上司になる物語にシフトしていっています。ストーリーを考える時は、麦田の成長、活躍、課長のかっこよさ。そして全キャラクターに働くことの独自の価値観があって、正解は無い。それが伝われば良いなと、思いながら考えてます。

--先行配信している『サイコミ』ではライバル会社の四葉と、かつて石沢課長と因縁がある鬼戸とのコンペを描かれていますが、ビジネスでの「綺麗事」をご自身どのように捉えていらっしゃるのでしょうか?

吉谷:「会長みたいな持ってる人になれたら良いなー無理だなー」と思って描きました(笑)。綺麗事はやはり大切だと思ってます。お金ももちろん大切ですけど、少しでもいいから楽しくなくちゃ仕事をやってられないと思います。

--第5巻で「ここを見てほしい」というところがあれば教えてください。

吉谷:金松くん(麦田さんの後輩男子)のストーリーが気に入っているので見どころです!

--最後に、読者へのメッセージをお願いします!

吉谷::これからもドンドン面白くなるよう頑張りますのでよろしくお願いします!

『今どきの若いモンは』(サイコミ)
https://cycomi.com/fw/cycomibrowser/chapter/title/87 [リンク]

※画像はTwitterより
https://twitter.com/kakikurage [リンク]

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「若手に教わらないと時代遅れの老人になる」 マンガ『今どきの若いモンは』激シブ上司が教わり上手でもあった話がやっぱりかっこいい