「あなたが聞こえた“声”というのは、このような音でしょうか……」

“事故物件住みます芸人”松原タニシの原作を、中田秀夫監督が映画化した『事故物件 恐い間取り』が8月28日より公開。趣向を凝らした様々なホラーコンテンツで人気を博す株式会社闇による、本作とのコラボ動画が解禁となった。スマホで再生すると、“不気味な留守電メッセージ”を再生してしまったかのような体験ができる。

映画は、松原タニシをモデルにしたお笑い芸人の主人公・山野ヤマメ(亀梨和也)が、ネタ欲しさに数々の事故物件に住み、そこで起こる奇怪な現象を映像に収めていくというもの。

今回解禁となった動画は、不動産会社から様々な事故物件を紹介してもらう主人公になぞらえ、“物件を紹介してもらった不動産従業員からの留守電メッセージ”、という体裁になっている。物件を内覧した際、3軒目の物件で「浴室から人の声のようなものが聞こえる」と相談した“あなた”。従業員は、実際の音を現地に確かめに行くようだ。何かに急かされるように何度も留守電を残す彼女。そしてついに、“人の声がする”例の浴室から留守電を残す。そのとき……。

動画は、本当にスマホで留守電を再生しているかのようなリアルな画面になっているので、ぜひともスマホで、そして動画を全画面表示にして再生を。


動画が表示されない方はこちら

不動産従業員の声を演じるのは、本作の予告編映像のナレーションも務めた声優の能登麻美子。現場で何が起こっているのか? 臨場感あふれる恐怖の留守番電話をぜひご体験あれ。

『事故物件 恐い間取り』
2020年8月28日(金)全国ロードショー

(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「事故物件の一室から、不気味な留守電メッセージ 株式会社闇×『事故物件 恐い間取り』コラボ動画[ホラー通信]