世界興収が10億ドル突破の空前の大ヒットを記録し、2月10日に発表された第92回アカデミー賞受賞式では見事 <主演男優賞><作曲賞>の2部門を受賞した『ジョーカー』。それに次ぐ、“悪カワ”ヴィランが主役となった映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』が、大ヒット上映中。週末(金土日)3日間の成績は、観客動員数13万6002人、興行収入2 億379万円を記録、興行収入ランキング初登場1位を飾っています。

ヴィラン史上最高に可愛いく、セクシーでクレイジーなのにめちゃめちゃキュートな“悪カワ”として高い人気を誇る<悪のカリスマ>ジョーカーの元恋人役=ハーレイ・クインを演じるのは、今ハリウッドで最も輝く女優のマーゴット・ロビー。スクリーン狭しとノリノリで動きまわるハーレイの危険度MAXのクレイジーアクションが話題です。

そんな『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』を、9人組アイドルグループ「GANG PARADE(ギャングパレード)」のカミヤサキさん、テラシマユウカさんが鑑賞! 撮りおろし写真と共にお2人の感想をお届けします。

「みんなの遊び場」というキャッチフレーズを持ち、数々のステージで多くのファンを魅了してきたGANG PARADE。クールでポップ、キュートだけどカッコいいそのパフォーマンスは『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』と同じく、観るだけで元気をもらえるのです。

カミヤサキさんは、昨年『スーサイド・スクワッド』のハーレイとジョーカーの一人二役を披露し大きな話題に!

今回は『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』のハーレイ風衣装で撮影させていただきました!

映画好きで、映画コラム『テラシマユウカの映画コラム-今日はさぼって映画をみにいく』を連載中のテラシマユウカさんの感想にもご注目ですよ!

GANG PARADEのステージ衣装に、ハーレイのバットとバレットが異様に合う! カッコよすぎませんか?!

ハーレイ風ファッションを見事に着こなしてくれました。『スーサイド・スクワッド』のハーレイも最高でしたが、新ハーレイも素敵すぎます。「『スーサイド・スクワッド』が公開されたらハーレイのコスプレをしている女の子達がたくさんいて可愛かったですけど、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』公開後も人気が出そうですよね」とカミヤさん。「衣装がたくさん出てきて、どれも派手派手でめっちゃ可愛かったです! とにかくハーレイが可愛くて魅力的で色々な表情に魅了されました」とのこと。

映画好きのテラシマさんは、本作のアクション監修が『ジョン・ウィック』シリーズでアクションを牽引するチャド・スタエルシキであることに注目! 「女性なので屈強な男達よりは力が無いのですが、それを逆手にとったアクションが本当にカッコ良かったです。カラフルな煙や紙吹雪が舞う中、攻撃はリアルなのにカラフルかつポップで感激しました」

「ハーレイが飼うハイエナの名前が“○○○”である所とか、小ネタが効いている所も好きです」とテラシマさん。ハイエナの名前はぜひ映画でチェックしてみてね!

【次のページから映画の感想部分に入ります。直接的なネタバレはございませんが、気になる方はご注意ください】

【ここから映画の感想部分に入ります。直接的なネタバレはございませんが、気になる方はご注意ください】

――『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』をご覧いただいて、いかがでしたか?

カミヤサキ:とても面白かったです! アクションがカッコいいですし、ハーレイの成長も感じられて、女性キャラクター同士の助け合いも笑えるし、感動出来る部分があって。

テラシマユウカ:これまでのDC映画を観ていなくても分かるストーリーで、本作が初のDC映画でも楽しめると思いました! もちろん『スーサイド・スクワッド』を観ている方が面白さは増えると思うのですが、前知識がいらないのでとにかく映画館の大スクリーンで楽しんでいただきたいです。

――好きなシーンや印象的なシーンはどこですか?

カミヤサキ:たくさんあるのですが、冒頭の大爆発のシーンや遊園地でのバトルの映像が音楽とすごく合っていて好きです。悪くて残虐なシーンでも、音楽やカラフルな演出でポップになっているそのバランスが最高でした。

テラシマユウカ:時系列がぐちゃぐちゃのまま進むので、「これはどういう事なんだろう?」って思いながら、だんだんストーリーが分かっていく所が面白くて、時が進むにつれてハーレイの成長を感じる事が出来るのもなるほどなと思いました。ラストの遊園地のバトルシーンは、女性キャラクター同士の総力戦という感じで胸が熱くなります。

カミヤサキ:『スーサイド・スクワッド』のハーレイは悪くて可愛くてジョーカー大好き!って感じだったけど、カサンドラとの触れ合いで変わっていく所がすごく良かったよね。

テラシマユウカ:自分って何も無いんじゃないかと悩むハーレイにとってカサンドラやブラック・キャナリー、ハントレス、レニーとの出会いで自分を見つけるというか、どんどん成長していく姿が本当に素敵だったね。

カミヤサキ:ハーレイ役のマーゴット・ロビーさんが製作にも携わっていると聞いて、そういった女性の成長物語を作りたかったのかなと感じました。

――ハーレイ達以外で気になったキャラクターはありますか?

カミヤサキ:私はドクです。ドクとハーレイのやりとりが可愛かったので、あの展開には、うわああ〜って悲しかったです。(※ネタバレ防止の為、詳細なシーンについては隠しています)

テラシマユウカ:ある意味この映画の中で一番ショックかもしれないね…! そこから物語もグッと展開しますし、大事なシーン。私は、本当に悪いキャラクターなんですけど、ブラックマスク(ローマン)が好きです。敵なのにカッコ良くてずるいですよね(笑)。すごく悪くて残虐なのに彼の精神面の不安定さが憎めないというか。

カミヤサキ:面白い悪役の描き方だったよね。最後のバトルシーンからの展開も最高だった!

――GANG PARADEの9人も、この映画の様に素晴らしいチームだと思うのですが、バトルで一番活躍しそうなのってどのメンバーですか?

カミヤサキ:誰だろう! ヤマちゃん?(ヤママチミキ)この映画の様な攻撃が得意そうな。

テラシマユウカ:ドク(ユイ・ガ・ドクソン)も特攻隊長になってくれそう!

カミヤサキ:マイカ(キャン・GP・マイカ)は、「わあああ〜!」って勢いよく立ち向かっていくけど転んだり、大ドジしそうだよね(笑)。

テラシマユウカ:分かる!なぜかマイカはいざという時にドジを踏みそう(笑)。

――(笑)。想像するだけで可愛いです。お2人は戦うならどんな方法だったり能力を使いたいですか?

カミヤサキ:私はゲームでも何でも近距離戦が好きなので、短剣が良いです! この映画の様にバットとかバレットで長さを活かしたアクションも良いですが、私は至近距離でこう、グサッと(笑)。

テラシマユウカ:私は魔法系が良いです! 『ハリー・ポッター』や『ファンタスティック・ビースト』の「魔法シリーズ」のファンなので、学校に通って魔法を覚えたいです。

テラシマサキ:うん、ユユは魔法似合う!

――GANG PARADEは皆さん個性的ですし、カッコ良いのでぜひアメコミ風のPVとか観てみたいです。ちなみに…アイドルさんにこんな質問するのも緊張するのですが、ハーレイはジョーカーに振られて色々クレイジーな行動をとりますが、お2人は失恋してこんな事をしたよっていう経験ありますか?

テラシマユウカ:う〜ん、私は無いですね。(一生懸命考える)やっぱり無いです(笑)。

カミヤサキ:高校生の時サッカーをやっていたのですが、好きな人に「女として見れない」と言われたことがあって、くそう!と思ってめっちゃ痩せました。

――ええっ!それは今頃その男性は地団駄踏んで悔しがっているでしょうね。

カミヤサキ:いえいえ、坊主ですし、やっぱり女に見れないって思ってるかもしれないです(笑)。映画の中でハーレイが髪の毛をばっさり切ったり、シリアルを食べまくったりする経験は無いんですけど、可愛らしいシーンですよね。

――あそこは映画を観た方は絶対キュンとしてしまいますよね! カミヤさん、テラシマさん、今日は楽しいお話を本当にありがとうございました!

GANG PARADE
https://www.gangparade.com

カミヤサキ
https://twitter.com/kamiya_GANG [リンク]
テラシマユウカ
https://twitter.com/YUYU_GANG [リンク]
https://storywriter.tokyo/category/movie/連載-movie/テラシマユウカの映画コラム-今日はさぼって映/ [リンク]

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』大ヒット上映中!
http://wwws.warnerbros.co.jp/harleyquinn-movie/

(C)2019 WBEI and c&TM DC Comics

撮影:周二郎
Special Thanks:山末あつみ

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』カミヤサキ&テラシマユウカ(GANG PARADE)スペシャルインタビュー