今まで広告の中にだけ存在していたスマホゲームが、この度リリースされた。そのスマホゲームのタイトルは、『Hero Rescue』。マップに刺さったピンを抜くことで、水や溶岩といったギミックを操作し、主人公を助けるパズルゲームだ。

広告の中にのみ存在した『Hero Rescue』

スマホゲームをよくプレイする人なら、画像を見れば「あ、あの広告のゲーム!」と気づくだろう。本作は、最近のスマホゲーム向けの広告でよく見かけるもの。しかし、これまで現実には配信されていなかった。どういうことか?

たとえばこちらの画像は、『ガーデンスケイプ』というゲームの広告。キャラクターこそ違うが、見た目は『Hero Rescue』に見える。では『ガーデンスケイプ』は『Hero Rescue』っぽいゲームなのかというと、まったく違う。『ガーデンスケイプ』は箱庭を作り上げていくタイプのゲーム。つまり、広告で見せているゲーム内容と広告が宣伝対象としている作品が違っている。広告とは、現実の商品によいイメージを抱いてもらうために作るものなので、「実際の商品と異なる部分」が入るのは致し方ないのかもしれない。

とはいえ『Hero Rescue』の場合、内容が宣伝対象のゲームと全く違い、かすってすらいない。現実の商品の宣伝になっていないだけでなく、ゲームのコメント欄には「広告とゲーム内容が違う」というネガティブな評価が集まってしまう状況だった。

『Hero Rescue』のゲーム内容は、これまで広告の中で描かれてきた通り。主人公をお宝やお姫様など、ゴールとなるオブジェクトまで誘導することが目的。ゴールへの道はマップに刺さったピンによって区切らているため、ピンを抜いて道を繋げねばならない。しかし、間違ったピンを抜くと、ゴールへの道が閉ざされてしまう。正しいピンの順番を考えるパズル性がメインの作品だ。これまで広告で目にしたことがあるという人は、話のタネに一度プレイしてみてはいかがだろうか。

『Hero Rescue』ダウンロードURL(iOS):
https://apps.apple.com/jp/app/id1502050132[リンク]
(Android):
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.herorescue.knight.pull.pin[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「広告の中にだけ存在した「ピンを抜くパズルゲーム」が本当に遊べるように! 『Hero Rescue』リリース