お笑いコンビEXITの兼近大樹さんが、ファンに「推しを愛でる時に他の誰かの推しを引き合いに出すな」と発言し話題になっている。

3月18日、兼近さんは自身のTwitterを更新し

「いいかこれだけは頭に叩き込んどけ?

推しを愛でる時に他の誰かの推しを引き合いに出すな。

みんな違ってみんないい。
それぞれの1番だ。わかったな?」

とツイート。

https://twitter.com/kanechi_monster/status/1240284833701457921?s=19

兼近さんはその直前にInstagramで配信した動画でも「りんたろーさんより私は兼近派って公言する人なんなん?」と一部のファンの言動に疑問を呈していた。兼近さんの一連の発言に対しTwitter上では大きな反響が起こっている。

「インスタライブで言われて心底納得しました!
ジッターのためにちゃんと諭してくれるかねちーの優しさに感謝しかないです、ありがとうございます」

「かねちより、も、りんたろーより、も誰かより、も言わない。みんな、それぞれ大好きだから。同担拒否もしないwみんなで好き好き、カワイイカワイイ言ってるのが楽しくて仕方ないから。」

「これだけ反響が大きくなっても、地に足がついているのはずっと変わらないですね。そんな兼近さんの言葉がとても素敵です。優しさを届けた今夜は、より素敵な夢が見れますように。」

「昨日のインスタライブでその言葉が1番刺さったよ
かねちの言い方、言葉のチョイスも優しくて本当好き」

誰かを引き合いに出して自分の好きなタレントを誉めることは昔からよくあることだが、異なった個性を持つタレント達を比較することになんの意味があるだろうか。本人たちの人間関係にも作用し得ることなので、タレントを応援するファンの方は折に触れて兼近さんの言葉を思い出して欲しい。

※画像はTwitter(@kanechi_monster)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「推しを愛でる時に他の誰かの推しを引き合いに出すな」 EXIT兼近さんの発言が話題に