残業また残業で、自宅に帰るとパートナーがおかんむり……。そんなシチュエーションになったことがある人も多いのではないでしょうか。

大和なでしこさん(@nadeshiko0328)が連載している『鬼嫁と結婚してしまった結果』の「鬼嫁ちゃんの事で頭がいっぱいの旦那の話」も、夫の友雪くんが早く帰りたいけれどなかなか仕事が終わらず……というストーリー。鬼嫁ちゃんこと美都鬼さんはやっぱりお怒りで……。

メッセンジャーで美都鬼さんとやりとりしつつ、「頑張って終わらせて今日こそ早く帰らなきゃ…」と思う友雪くんですが、結局この日も残業。「美都鬼に早く会いたいけどすごく怖い…」と涙目で電車に揺られています。

家に帰ると、案の定「コラァー!!何時まで仕事してるんじゃワレ~!!」とお怒りな美都鬼さんが。包丁の持ち方がマジで怖い!!

包丁を向けて「あんたを待ちながらずーっと研いでたからよー切れるで~」と迫る美都鬼さん。「ふん!そんなに会社が好きやったら会社と結婚したらええねん」「どうせ会社におる時はウチのことなんて忘れて楽しくやっとるんやろ?」と悪口がヒートアップして止まらない状態に。内心焦る美都鬼さんですが、「そんなことないよ!」と声を大にする友雪くん。

「美都鬼のことは一秒たりとも忘れたりしない。仕事中も美都鬼のことをずっと想ってるよ!」という友雪くんに「ふ、ふーん。し…仕事遅れる原因ちゃうか?」と憎まれ口を叩きつつも、「ウチのことそんなに想ってくれてるんや…嬉しい」と機嫌を直す美都鬼さんに、「もう…素直じゃないんだから」とクスッと笑う友雪くんなのでした。

こんなチョロ可愛い美都鬼さんは人外。大和なでしこさんによると、もともと鬼の容姿が好きで「夫婦ものを描こうと思っていたので、本物の鬼の嫁と人間との異種族の夫婦ものを描いたら面白いのではないか」と考えて、「鬼嫁(本物)が世間で言われてる鬼嫁とは違い、すごくカワイくて旦那さんを大切に想ってくれている良妻であるというギャップがマンガのコンセプトです」といいます。

美都鬼さんについて、「天邪鬼なので自分の伝えたい気持ちや“旦那のことが好き”というのがなかなか伝えられない性格」といいますが、逆に友雪くんは「逆に普段は頼りがいのないマイペースな人だけど伝えたい気持ちをちゃんと伝えることができる」とのことで、そんな二人の性格の違いが仲良し夫婦になっている秘訣なのかもしれません。

「あまーーーい」「関西弁の鬼嫁がすごくいい」「円満夫婦とはこのこと」といった感想が数多く寄せられていた今回の『鬼嫁と結婚してしまった結果』。ほのぼのカップルに憧れる人はほかのエピソードも読んでみてはいかがでしょうか。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/nadeshiko0328/status/1238028011472973824 [リンク]

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「残業で帰ってきてお怒りの鬼嫁の機嫌を直した言葉は? 『鬼嫁と結婚してしまった結果』の美都鬼さんがチョロかわいい